風の谷のナウシカ 3 (アニメージュコミックスワイド判)

  • 1639人登録
  • 3.99評価
    • (276)
    • (101)
    • (276)
    • (2)
    • (0)
  • 75レビュー
著者 : 宮崎駿
  • 徳間書店 (1984年12月発売)
  • Amazon.co.jp ・マンガ (156ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784197755141

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

風の谷のナウシカ 3 (アニメージュコミックスワイド判)の感想・レビュー・書評

  • 戦場を駆けるナウシカ。

    ナウシカは英雄になるのかもしれない。
    でもそれはナウシカの幸せじゃなくて。
    ただ目をそらせない人なんだ。

    クシャナさんもきっとそう。
    ナウシカの援護に駆けつけた装甲兵も。
    見るか見ないか、考えるか考えないか、感じるか感じないか。
    見える人には見えない人のことが分からない。
    見えない人には見える人がいることが分からない。
    きっとずっと分かり合えない。

  • クシャナ麾下の兵士さえもナウシカには一目置いている様が嬉しい。アニメの筋からは離れ、土鬼諸侯国とトルメキアの両軍の戦闘に巻き込まれたナウシカの葛藤が見て取れる。トリ馬カイの最期は悲しかった。本書の定価を見ると消費税3%時代のもの。残念ながらページのあちこちに黄ばみも出てしまっている。しかし宮崎監督独特のタッチで描きこまれた物語は色褪せない。

  • ナウシカの、ただ一頭の馬、カイ…

  • ユパを助けたアスベルとケチャ。ユパから昔は王蟲以外に生命の源をあやつり欲するままに作り替えた術のことを聞いたアスベルは巨神兵もそのように作られたのかと骨格を掘り出した時のことを話す。一方ナウシカを伴うクシャナは腐海にのまれそうな村へ降りる。密閉して火を炊いた寺院で子供を拾うナウシカ。井戸には臭気に乗って迷い込んだウシアブ。兵士2人を逃がしウシアブに捕まったものの、王蟲の血を浴びた服によりウシアブが鎮静。土鬼の浮砲台の連隊を追従して蟲まで死んでいる飛び地の腐海へ。

    ユパ達の船は土鬼の追手に攻撃されて腐海へ落ちる。死んだか確かめにきた土鬼は森の人に会い撤退。腐海で暮らす森の人は3人を助ける。皇弟ミラルパは僧正の心を読めず帰還して薬液の沐浴。反逆者の汚名をきせられたクシャナの部下第三軍の元にクシャナが生還。非戦闘員の捕虜の解放を条件にクシャナと共に戦うナウシカ。劣勢の折1人で土鬼の馬を食い止めクシャナ軍は城に帰還したがナウシカ援護の騎士4人のカイは…。

  • 読了。
    風の谷のナウシカ3
    宮崎駿

  • チビ2号、移動図書館にて

  • 1000年後の世界。ナウシカとクシャナはトルメキアの第三軍と合流しようとするがドルク軍に壊滅的打撃を受けていた。ナウシカはこのピンチを切り抜けようと奮闘する。ドルクの皇弟は何者なのか?この物語のテーマは「愛」かな。他人を愛するのはエネルギーがいるって最近よく思う。

  • ナウシカのコミックの第3巻です。

  • ナウシカ感動の第三話。
    どこでも誰からも好かれるナウシカ。
    戦わなくてすめばいいのに。
    (月刊「アニメージュ」昭和58年5月-6月号、昭和59年8月-12月号掲載)

  • <閲覧スタッフより>
    『風の谷のナウシカ』はマンガで!アニメ映画作品として広く知られている『ナウシカ』はこの壮大な物語のごくごく一部に過ぎないのだ。戦争、環境、未来の地球とは・・・あまりにも濃密で難解なナウシカの神髄をご堪能ください。

    --------------------------------------
    所在記号:726.1||KAT||3
    資料番号:20062421
    --------------------------------------

  • ナウシカの原作3/7巻目。

    クシャナ妃がカリスマ的なリーダーで、トルメキア軍第三軍の窮地を救う。トルメキアとドルクの戦争。ナウシカはトルメキア配下の諸族連合の族長として、ひとりクシャナ軍に参加、窮地を救う。その他ナウシカの不思議な力満載で面白い。これからクシャナとナウシカが戦争と平和の対比の様に扱われるのだと思う。面白かった。

  • 読んだ後、人間ってクソだよ、、、と少し落ち込む。

  • 二巻までは、どうしても映画とどう違うのかが気になってしまうけど、三巻からは映画化されていないので、余計な事を気にせずに楽しめる。
    そしてやっぱり面白い!

    読んでいると、場面によっては映画の元ネタかと思う所もちらほら出てくる。それでも本来のナウシカを読める喜びが大きい。

  • クシャナ殿下お美しい・・・!映画ではなかったストーリーにこれから入るみたい?姫君たちがかっこかわいすぎぃ

  • 映画のさらに先の話で、ナウシカはもちろんですが、クシャナの強さも見えた巻でした また、人間の醜い権力争いからは離れた「森の人」という人達は、南に行って何を求めているのか、そもそも人間が生きて行くのに適さない環境に好んで暮らしている意味が気になりました

  • クシャナとナウシカ、育った環境が違っただけなのかも…

  • 細菌兵器が登場してくるが、これは当時流行った「悪魔の飽食」の731部隊を意識して書かれたのだろうか?戦闘シーンはゴチャゴチャしていてわかりにくい。紛争が継続しているだけで、相変わらず話が展開しない。

  • 敵地に攻め入る。
    クロトワは止めようとするが、ナウシカは敵側の子どもや捕虜も救おうとする。
    森の人が登場する。

  • [図書館]クシャナ殿下…この表紙画がカッコいいぞ。美人で女性なのにガチガチの鉄の鎧で身を固め、戦闘の真っ先を駆け抜ける男顔負けのカッコ良さ。王族の血をひく気高さ。女性なのに惹かれますねぇ♪森の人の美少年には驚き☆瘴気を吸って病んだ兵をナウシカが助ける場面はナウシカの慈悲深さ・母性に何故か涙が出てきました。ドルク×トルメキアの戦闘シーンでは先陣切って突破口で駆け抜けてく迫力に息を呑みますが、互いに血を流し、無益な破壊し続けていく場面が多くなり、だんだんと心が痛んで辛くなります。

  • 映画版を離れオリジナルストーリーに。宗教、生命科学の話があり、大国の争いに加わるナウシカの辛い立場あり、複雑になっていく。

  • 読み進める毎に重くなる。
    人間は愚かだ。
    (130723)

  • 130623 Amazonより全巻セット届く。

  • いつも思うのだが、宮崎駿は基本的に(若い)女性に未来を託している気がする。
    多分彼が育った(日本の)男性社会の限界を直感的にも理論的にも理解しているからなんだろう。
    勿論定石としてのヒロインを据える必要はあるのだろうが、自己嫌悪含めて自らの同世代およびその上の世代を冷ややかに見てるんじゃないかな?

全75件中 1 - 25件を表示

風の谷のナウシカ 3 (アニメージュコミックスワイド判)に関連する談話室の質問

風の谷のナウシカ 3 (アニメージュコミックスワイド判)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

風の谷のナウシカ 3 (アニメージュコミックスワイド判)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

風の谷のナウシカ 3 (アニメージュコミックスワイド判)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

風の谷のナウシカ 3 (アニメージュコミックスワイド判)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする