陰陽寮 十 永劫回帰篇(下) (トクマ・ノベルズ)

  • 32人登録
  • 3.57評価
    • (3)
    • (3)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 富樫倫太郎
  • 徳間書店 (2005年5月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (359ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198506681

陰陽寮 十 永劫回帰篇(下) (トクマ・ノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • この巻で完結だけど、これからも続いてるようにな感じがした。

  • 第1巻から数年に渡り読み続けてきた者として、こういう終わり方しかなかったのかと至極残念無念。そりゃあ、他の物語とリンクしていたりするから、そこへ繋がっていく楽しみもないとは言えないけれど、それにしても、これはあんまりにもあんまり…。本当にこういう終わり方しかなかったのだろうか? もったいないのだ。本当に。

  • 6年がかりのシリーズ完結編です。
    確かに一応、大陸からやってきた軍を日本から追い出し、操っていたシヴァという男は安倍晴明とその仲間によって滅せられ、脅威だった超能力少年は戦いで力を失くし……とかたちは整っているのですが、「終わった……」というカタルシスがないです。
    そもそも、このシリーズに出てきた人物は他で主人公になってますし、呪いで千年生きてたりするから未来の話にも出てくるし、続いているといえば彼らの人生の限り続いているわけで。

    カバーフォトグラフィ / 薬師寺 武正
    フロントカバーデザイン / 飯田 出穂(Moody Graphics)
    ブックデザイン / 百足屋 ユウコ

全3件中 1 - 3件を表示

富樫倫太郎の作品

陰陽寮 十 永劫回帰篇(下) (トクマ・ノベルズ)はこんな本です

ツイートする