十津川警部 アキバ戦争 (トクマ・ノベルズ)

  • 54人登録
  • 3.00評価
    • (4)
    • (2)
    • (13)
    • (6)
    • (2)
  • 11レビュー
著者 : 西村京太郎
  • 徳間書店 (2008年5月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (319ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198507862

十津川警部 アキバ戦争 (トクマ・ノベルズ)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 怪しまれないためとはいえ、
    抱き枕を購入して秋葉原をうろつくのはなんとも。
    余計に目立つ気がするが。

    突入部分ももう少し書いてほしかったと思う。

    ちなみに、最後数十ページは著者経歴&著作リスト。

  • 秋葉原の現代文化に挑戦した作品。
    日本画家が,アキバのメイド喫茶を訪れる。

    亡くなった娘と同じ名前の女性の願いをかなえようとする。
    誘拐され,身代金を払う。

    フィギュア(人形),GPS搭載コンピュータ、模型銃のそれぞれに長けたおたくが登場する。

    犯罪を,いつ,誰が、どういう情報に基づいて仕組んだのかがみえてこない。

  • ストーリーに無理がある気がした。
    十津川シリーズもそろそろ限界なのか。。
    画廊社長の息子が犯人って方が面白くて広がった気がする。。
    さらに、ラストはなに??って感じ。。

  • 秋葉原、南紀白浜などを舞台とした作品です。

  • 金持ち画家がメイド喫茶で出会ったメイド女に、亡き娘の面影を見る。
    可愛がってたら、本当の娘と勘違いした誘拐犯にさらわれる。という話。
    先が気になり結構読める。肝心の十津川警部が、端役状態になってますが。
    ラストがちょっとあっさりしすぎかな。

  • アキバの事件ということで、はじめて十津川警部ものを読みました。十津川警部のキャラクターがはっきりせず、事件の展開も不明な点が多いですね。後半部分がこれまでの著作の紹介になっているのも?。執筆中になんらかのトラブルがあったのでしょうか?図書館予約数は56(08/07/16現在)です。

  • グダグダだよ

  • ドラマでは見ていたけど、今まで一度も買ったことのなかった「十津川警部 シリーズ」を買ってみました。
    思っていたよりもすんなりと楽しく読めました。

  • トンデモ本発見!!!
    しかしこの人の文章は読みにくい。

全11件中 1 - 10件を表示

十津川警部 アキバ戦争 (トクマ・ノベルズ)のその他の作品

西村京太郎の作品

十津川警部 アキバ戦争 (トクマ・ノベルズ)はこんな本です

十津川警部 アキバ戦争 (トクマ・ノベルズ)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

十津川警部 アキバ戦争 (トクマ・ノベルズ)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

十津川警部 アキバ戦争 (トクマ・ノベルズ)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする