ブルースカイ・シンドローム (トクマ・ノベルズEdge)

  • 36人登録
  • 3.31評価
    • (0)
    • (5)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 一の倉裕一
制作 : NA2 
  • 徳間書店 (2008年8月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198507985

ブルースカイ・シンドローム (トクマ・ノベルズEdge)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 少し展開が早くて、TVシリーズを劇場化にしたような味気なさを少し感じた。
    大厄災の正体とかのネタは面白かったのだが。
    この大バラシをもう少しロン君に活躍させてからでもよかったのかも。

  • SFラブコメかな?
    わりと壮大な設定のわりに難しいところは無くすらすら読める、
    場面場面で勢いがあって面白いと思います。

全4件中 1 - 4件を表示

一の倉裕一の作品

ブルースカイ・シンドローム (トクマ・ノベルズEdge)はこんな本です

ブルースカイ・シンドローム (トクマ・ノベルズEdge)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ブルースカイ・シンドローム (トクマ・ノベルズEdge)を本棚に「積読」で登録しているひと

ブルースカイ・シンドローム (トクマ・ノベルズEdge)の作品紹介

ロンは少し内気な少年だった。幼なじみのシレンはかなり強気な女の子だった。ロンたちが生活している場所は宇宙に浮かぶコロニーなので空がない。6歳になったら空を見ることができる。シレンより少しだけ早く6歳になったロンはまだ空を見られないシレンに自慢する。シレンは悔しくてロンが乗るシャトルにこっそり乗り込むが、シレンにある症状があらわれて…。あれから11年、ロンは地球への思いが強くなる。しかし、あの日シレンと交わした約束がそれを躊躇させる…。第4回トクマ・ノベルズEdge新人賞受賞作。

ツイートする