電脳コイル11 (トクマ・ノベルズEdge)

  • 81人登録
  • 4.04評価
    • (9)
    • (9)
    • (8)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
  • 徳間書店 (2010年3月30日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198508579

電脳コイル11 (トクマ・ノベルズEdge)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • イサコが「声」と会うことを決意する。
    その一方で、京子の不思議な能力の噂が大黒始終に流れ始めた。

  • 図書館

  • 小学生のくせに、とも思うけれど。
    小学生って案外こんな感じな気もする。

全4件中 1 - 4件を表示

宮村優子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有川 浩
有効な右矢印 無効な右矢印

電脳コイル11 (トクマ・ノベルズEdge)はこんな本です

電脳コイル11 (トクマ・ノベルズEdge)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

電脳コイル11 (トクマ・ノベルズEdge)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

電脳コイル11 (トクマ・ノベルズEdge)の作品紹介

今より少しだけ未来の202X年。小学生の間では、ウェラブルコンピューター"電脳メガネ"が大流行していた。この"メガネ"をかけると、必殺技を手に入れたり、電脳ペットを飼ったり、子どもたちだけのとびきり刺激的な秘密の遊びをすることができるのだ。ただし、"メガネ"を楽しめる時間には限りがあって…。兄を捜す最後の手段として、イサコは声と会うことを決意する。不安にさいなまれるヤサコは「会わないで」ととめるが…。一方タマコは、"メガネ流民"となっているかつての仲間、猫目の行方を追って西陽海へと向かっていた。イサコをあやつる声の正体とは?"メガネ流民"を率いる猫目の目的は?8年前に生まれた秘密、カンナの事故の真相…謎がつぎつぎと明かされ、"メガネ"を巡る子どもたちの冒険は、いよいよクライマックスへと近づく。

ツイートする