八王国記 五 鬼神光臨 (トクマ・ノベルズ Edge)

  • 27人登録
  • 3.00評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (2)
  • 2レビュー
著者 : 麻木未穂
制作 : matsu 
  • 徳間書店 (2010年6月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (464ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198508654

八王国記 五 鬼神光臨 (トクマ・ノベルズ Edge)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ラストが果てしなく微妙です………。今まで続けられてきたお話の意味は、一体なんだったんだろうと思う。何一つ残らず、何一つ生まれなくって、後味が悪かったです。

全2件中 1 - 2件を表示

麻木未穂の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

八王国記 五 鬼神光臨 (トクマ・ノベルズ Edge)はこんな本です

八王国記 五 鬼神光臨 (トクマ・ノベルズ Edge)の作品紹介

耀夜の手が痛みを放つ乳房をとらえ、反対の手が腰帯をほどいた。日月は、腰帯をつかむ耀夜の手に指を重ねた。「耀夜…こんなこと…」「俺のことを考えているというのなら、言うとおりにしろ。いましはおれのものだ」耀夜の手が日月の体をまさぐり、日月はまぶたを閉じて、闇の気配に身をゆだねた。日月の眼窩から、苦い水がこぼれたが、耀夜は気づかなかった…。

ツイートする