宦官―中国四千年を操った異形の集団

  • 27人登録
  • 3.10評価
    • (0)
    • (2)
    • (7)
    • (1)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 顧蓉 葛金芳
制作 : 尾鷲 卓彦 
  • 徳間書店 (1995年11月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198603939

宦官―中国四千年を操った異形の集団の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 貧乏なゆえに身を浄めて宮廷に仕える。宮廷では男性は皇帝だけ。女官たちや貴妃たちと間違いがあってもいけない。
    中国だけではなく、ローマや韓国でも行われてきたこと。
    そして、一部の宦官だけが権力を持つことができる。いわゆる出世ですね。
    権力と賄賂にまみれて、力のある宦官はとても恐ろしい存在。怒らせると命の危険です。まあそれはいつの時代も一緒ですね。
    そして女官が側室に上がるのも、宦官しだい。宦官を買収してのし上がったのが西太后。

  • 2012/03/22  300円 古本

    しまった・・・文庫とかぶった(´・ω・`)

  • 宦官といえば、後宮で働く際に間違いが起こらないように去勢される男性というイメージでしかありませんでした。しかし時には権力を持ち、王をも操る存在であったとは驚きでした。さらに驚くべきは強靭な生命力があり栄養がよければ、新しい性器が成長してくる場合があるということです。男根には骨がないとはいえ、あり得るのでしょうか?なにはともあれ、「身体も破壊され、精神も破壊されてしまった・・・」という言葉は重いです。

全3件中 1 - 3件を表示

顧蓉の作品

宦官―中国四千年を操った異形の集団はこんな本です

ツイートする