漂流街

  • 171人登録
  • 3.35評価
    • (11)
    • (14)
    • (54)
    • (3)
    • (2)
  • 14レビュー
著者 : 馳星周
  • 徳間書店 (1998年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (454ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198608989

漂流街の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 風俗店で下働きをしているブラジル3性のマーリオ.関西ヤクザと中国マフィアの計画麻薬取引を知り横取りを企む.売春婦や盲目の少女が絡みスピード感あふれるピカレスクロマンになっている.主人公は暴力に走る遺伝子を受け継いでいて感情移入しにくいところもあるがそれも一つの魅力と言える.

  • フィクションだからこそこういうのも楽しいと思う。R指定なシーンが多いが、作者のが描こうとした闇の部分とビビッドに調和した感じだ。読む際にエネルギーが要る作品。

  • 香港とカナダ・バンクーバー 中華系の話し。

  • 前に読みすぎて、あんまり覚えてない。
    最初は面白かったけど、読み終わって
    何でこれ読んだんだ?って記憶はある。

  • 馳氏の王道パターン。欲望と破滅、誰もが幸せにならない。

  • 『大藪春彦賞』第1回(1999年

  • ハードカバー £1.00

  • この作品が、ぼくの馳初読本だっただろうか…。
    作品の熱気はすごい。
    チリチリしたのは体のどこだったっけ。

  • 最高に痺れる。


    馳さんと言う感じの話。
    私は、凄く好きです。
    07/03/27

  • まーりお

全14件中 1 - 10件を表示

馳星周の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

漂流街を本棚に「読みたい」で登録しているひと

漂流街を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

漂流街を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ツイートする