もういちど

  • 15人登録
  • 3.22評価
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 矢口敦子
  • 徳間書店 (2000年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198611392

もういちどの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • とても不思議なお話だった。
    いつもの矢口さんミステリーとはテイストが違ったけど、これはこれで魅力的なお話。
    好みは分かれそうだが、私はわりと好きだった。

    ただ、由樹子さんの死の真相と結末は若干私の期待するものとは違ったけれど…これはこれでありかもしれないとも思う。
    いつでも事件性の光る真相というわけではない。
    特に、このお話のようにメルヘン?な要素の強い作品では、事件性の強い真相よりもこちらの方が由樹子さんの人間性や苦しみを描けていてよかったのではないかと思える。

    弥生の心臓を移植された少年が、キスを受け入れた点にはちょっと違和感を感じるが…
    まぁそこには目をつぶって、弥生はまたしても慎一を救ったのだなと思った。
    ラストの流れだけが、ちょっとおしかった。

  • いまひとつ。。。

  • 前に、どうしても題名思い出せないって言ってたやつ
    発想がおもしろい

全4件中 1 - 4件を表示

矢口敦子の作品

もういちどはこんな本です

ツイートする