ダミアン物語―神さまを信じた犬

  • 26人登録
  • 3.38評価
    • (3)
    • (4)
    • (6)
    • (2)
    • (1)
  • 3レビュー
制作 : Diane Jessup  仲村 明子 
  • 徳間書店 (2001年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (518ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198614164

ダミアン物語―神さまを信じた犬の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 原題は「The Dog Who Spoke with Gods」。

    何て話だ!!というのが、正直な感想。。。

    結構最後まで胸糞悪い話なのに、ダミアンのいじらしさに涙が止まらないし、でもやっぱり主人公の考え方が飛躍してて(というかぶっ飛んでて?)理解しがたく、感情移入しきれなかったところがあって、そこが残念だった。

    もうとにかく、ダミアンがかわいい。かわいそう。
    他の登場人物はどうでもいいけど、ダミアンの幸せを願わずにいられない。

    大学で翻訳も学んだ立場としては、やはり原文に忠実になると日本語としておかしい、分かりづらい訳文になるのだなぁという典型的な例だと感じました。意訳まで行ったらダメだけど、ある程度文章の繋がりを考慮して訳すべきだと思う。時々、あえて主語をドロップしたためにこんがらがりやすくなっているところが。あと、原文読んでないからわからないけど、自然の摂理から考えて誤訳では?と思われる点が一点。

    あと、これは、USやカナダのアマゾンレビューを読んでも同じ意見があったので翻訳の問題ではないけど、ちょっと冗長すぎやしないかい…と苦しみました。

    ピットブル、日本じゃ滅多にお目にかかれない希少な犬種だよねぇ。会ってみたい。触ってみたい。

    --

    乱暴な犬と誤解されるピットブルのダミアンは、一途に「あの人」を愛した-。科学実験のため悲惨な扱いを受ける犬と、必死に助けようとする女子医大生。堅い絆で結ばれた女性と賢い犬の、友情物語。

  • 医師を志す大学生のエリザベスが大学でのバイトの傍ら見つけたピットブルと心を通わしていく話。
    私は愛犬家でも犬を飼ったこともないので、むしろ本で嫌われ者扱いされてるセヴィルに同情した。エリザベスの祖父や父にも・・・
    遅い反抗期と若気の至りってやつですね。正直自分の犬でもないのを取り戻すために襲撃依頼とか犬と愛の逃避行wには全然感情移入の仕様がなくて困った。最後は落としどこって感じの結末

全3件中 1 - 3件を表示

ダミアン物語―神さまを信じた犬のその他の作品

1-1543660657の詳細を見る MP3 CD 1-1543660657 ダイアン・ジェサップ
The Dog Who Spoke with Gods Kindle版 The Dog Who Spoke with Gods ダイアン・ジェサップ
The Dog Who Spoke With Gods ハードカバー The Dog Who Spoke With Gods ダイアン・ジェサップ

ダミアン物語―神さまを信じた犬に関連する談話室の質問

ダミアン物語―神さまを信じた犬はこんな本です

ツイートする