列島縦断JR20000kmの旅 鉄道乗りつくしの旅 絵日記(春編)

  • 24人登録
  • 3.42評価
    • (0)
    • (5)
    • (7)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 関口知宏
  • 徳間書店 (2005年7月22日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (102ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198620332

列島縦断JR20000kmの旅 鉄道乗りつくしの旅 絵日記(春編)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ほのぼの

  • NHK-BSの人気番組、ご存知、関口知宏さんの「列島縦断鉄道JR20000kmの旅 乗りつくしの旅 春編」。
    旅の行程(鹿児島県の枕崎駅~福井県の九頭竜湖駅)で、 関口知宏さん自らが描いた絵日記が、コメント共に収録されています。温かく素朴、淡い色彩のイラストが魅力的で癒されます。

  •  オイラの大好きな関口知宏さんシリーズですよ。
     春編と秋編とを別の記事にするのは冊数稼ぎかと思われるかもしれませんが、まさにその通りです。どうもすみません。

     列島縦断 鉄道12000km 最長片道切符の旅のあと、日本国内のJR線で乗れなかったところを乗り潰す旅です。2005年の春、NHKBShi、BS2で放送された番組中、関口さんが描いていた絵日記。

     色鉛筆で描いてますが、旅の中で出会った人や動物や、様々な風景。街中に住んでいるときには見えないものが一杯です。絵は上手いんだろうけれど、一言で言い表せないような味わいです。

     鹿児島県の枕崎駅から福井県九頭竜湖駅までの絵日記が記録されています。

  • 相変わらず、情報量満載の下品な旅行雑誌よりも、遥かに旅に出たいと思わせる一冊です。

全4件中 1 - 4件を表示

関口知宏の作品

列島縦断JR20000kmの旅 鉄道乗りつくしの旅 絵日記(春編)はこんな本です

ツイートする