激流

  • 331人登録
  • 3.50評価
    • (15)
    • (71)
    • (75)
    • (9)
    • (3)
  • 79レビュー
著者 : 柴田よしき
  • 徳間書店 (2005年10月21日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (554ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198620790

激流の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ドラマをきっかけにタイミングよく手にした1冊。
    中3の京都への修学旅行でグループ行動中、小野田冬葉が失踪した……。
    20年後に「わたしを憶えていますか?」の不思議なメールからストーリーは、とんでもない方向に進む。
    何か怖いんだけど、気になって仕方がないとの思いで、554ページのボリュームのあるも一気読みした。
    美弥、圭子(サンクマ)耕司(ハギコー)豊(サバ)貴子が翻弄させられ、まさに激流の真っ只中にヒヤヒヤしながらも読了。
    やはり、一番の犠牲者、小野寺冬葉に涙した。
    初読み柴田よしきさんでした。お名前から男性と勘違いしてたが、女流作家さんなんだ!是非、他の作品にも触れたくなった。

  • 本当に激流。
    中学時代の同級生との再開ってこんな感じなのだろうか?
    誰か全然わからないわけでもなく、その後の20年できっちり変化はしているだろうしで中学からの20年は大きいだろうな。
    NHKでドラマ化されているようで気になって借りてきた本だったけれど、なかなか面白かった。
    柴田よしきさんの別作品もぜひ読んでみたい。

  • うん、最後がちょっと激流には惜しかった。途中までの方が激流だった。こまめなどんでん返し。それより、検索したときに月間激流という雑誌が並んだのにびっくりした。そんな雑誌があるんだ。

  • 読みごたえがありました。
    でも、冬葉行方不明の真相が現実味がなくて、腑に落ちませんでした。そんなことってある!?
    でも、そんなことがあるのが世の中ですよね…。
    実際ニュースでも驚くようなことがたくさん報道されてますし。

  • 2016.05.29
    とにかく分厚い本だったけど読んだ。次から次へと人物が出るもんだ。あれでは先を読者なりに推測できないわあ•••。しかし、面白かった、短時間で読んだわ。

  • テレビドラマで途中まで見てたので気になっていた本。
    ラストに納得いかないけれど途中までは面白かった。

  • 修学旅行中に行方不明になった少女冬葉から、20年ぶりにメールが届く。
    何故?彼女は今どこにいるのか?
    それを機に、当時行動を共にしていた班のメンバーが集まり、冬葉の失踪の謎を調べ始める。

    長かった…
    登場人物も多く、混乱しながら読みましたが、面白かったです。
    20年という年月に、それぞれがいろいろな生き方をしていて、それがこの長さにつながったのだなと思います。
    でも、冬葉の時間は止まったまま。
    最後に判明する悲劇には、胸が詰まりました。

    多くの事件が盛り込まれ、お腹いっぱいな感じもありました。
    それぞれの事件の解決がちょっと中途半端な気がしたのは、私だけかな。

  • 中学の修学旅行中にバスから失踪した少女。
    20年の時を経てその時自由行動で一緒に京都を旅していた班のメンバーに、いなくなったはずの少女「冬葉」からメールが届く。

    途中までは面白くどんどん読めたんですが、いかんせんラストがねぇ…。動機があまりにも私には不可解すぎる。

    15歳から35歳までの20年ってものすごく色んな変化のある時期ですよね。なのに同級生たちは段々鮮明に過去の事を思い出していく。あまりにも鮮明なので不自然でした。

    中盤までは良かったんだけどなぁ…。
    もうちょっと納得のいくラストだったら良かった。

  • 内容的には中学校時代のあるグループだった生徒がバスの中から失踪し、消息のつかめぬまま20年の歳月が流れ、急に、その同じグループだった仲間?に「私を憶えていますか?」という失踪者本人からの謎のメッセージが届き、グループ仲間の5人が久しぶりに集い、20年ぶりに失踪事件について考え直し、ついに真相にたどり着いていくという話なのですが、間にグループ仲間それぞれに小さな事件が起こり、それが謎のメッセージと関連性のある話なのかどうか?小さな事件と失踪事件がどう結びついていくのか?というのが、かなり細かく描かれています。
    失踪事件の真相は非常に悲しいものですが、同じグループ仲間それぞれの失踪事件以後の人生や失踪事件に対する想いというのが非常に細かく描写されていたと思います。

  • 冬葉の失踪の真相は何なのか、全く分からず、ドキドキで早く続きが読みたくて、引き込まれました!!
    明かされた真相はちょっと物足りない気がしたけれど…
    初読み作家さん。他の作品も読んでみたくなった♪

全79件中 1 - 10件を表示

柴田よしきの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
柴田 よしき
宮部 みゆき
東野 圭吾
東野 圭吾
伊坂 幸太郎
東野 圭吾
柴田 よしき
柴田 よしき
東野 圭吾
道尾 秀介
東野 圭吾
柴田 よしき
東野 圭吾
三浦 しをん
東野 圭吾
東野 圭吾
東野 圭吾
宮部 みゆき
奥田 英朗
東野 圭吾
有効な右矢印 無効な右矢印

激流に関連するまとめ

激流を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

激流を本棚に「積読」で登録しているひと

激流の作品紹介

京都。修学旅行でグループ行動をしている、東京から来た七名の中学三年生。知恩院に向かうバスで、その中の一人の女生徒、小野寺冬葉が失踪し、消息を絶った-。二十年後。三十五歳となり、それぞれの毎日を懸命に生きるグループのメンバーに、過去の亡霊が甦る。「わたしを憶えていますか?」突然、送られてきた冬葉からのメール。運命に導かれて再会した同級生たち。彼らに次々と降りかかる不可解な事件。冬葉は生きているのか?そして、彼女の送るメッセージの意味とは…?「今」を生きるすべての人に贈る、渾身のサスペンスミステリー。

ツイートする