上司は部下より先にパンツを脱げ! リクルートで学び、ベンチャーで試し、社長となって確立した99の仕事術

  • 127人登録
  • 3.59評価
    • (10)
    • (10)
    • (21)
    • (2)
    • (1)
  • 13レビュー
著者 : 小倉広
  • 徳間書店 (2008年4月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198625146

上司は部下より先にパンツを脱げ! リクルートで学び、ベンチャーで試し、社長となって確立した99の仕事術の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • いいんだけど、何かが違う。

  • リクルートの社風に加え、仕事の向き合い方を教えてくれる。

  • タイトルは衝撃的ですが、中身も結構衝撃的です。
    中身がやや根性論的な部分なのが気になるところですが、できるようになるためにはそういった根性論的な部分も必要なのかもしれません。

  • 最初リクルートびいきで読むのを止めようかと思ったが、中身は濃いい。社長の育て方や組織の作り方など学ぶところは多々ある。

  • 【読書その47】本書は、宴会の席で上司が部下よりパンツを脱ぐかという宴会芸の本である。・・もちろん、嘘である。
    「パンツを脱ぐ」とは、自己開示をして、オープンに話すること。社内で一人一人が話す場面を増やし、自己開示を促し、オープンな社内風土を目指すというものである。本書は、リクルートで学び、ベンチャー企業で様々な挑戦し、自ら社長となって、多くの企業の組織づくりや組織強化を実現する著者の仕事術についての本。そのビジネススキルを学ぼうと手に取った。この本を読んで感じたのは以下の3点(特に、①には非常に大きな影響)。
    ①正しいことを伝えても人は動かない。伝える人間の信頼性を高める。
    これは正直本当にハッとした。人の心が動くのは、何を言ったのかではなく、誰が言ったのかという要因が大きい。いくら正論を言っても相手に信頼されていなければ聞いてもらえない。難しい仕事でも、最後の最後には「お前が言うならしょうがない」という場面を作り出す。そこでものをいうのは、その人の人間性だ。いかに人間性を磨くか。人間関係構築の基本だ。この点、この言葉は、人と人との関係の核心をついている。
    ②正しさ×共感性=成果
    以下、ほぼ、本書の引用になるが、どんなに素晴らしい企画でも、それを動かす組織のメンバーが共感してくれなければ成果はあがらない。大きなことを成すには個人だけでは無理。組織で動く必要がある。いくら能力が高い人間でも、一人でできるのは限界。組織が動くかどうかは、企画の正しさではなく、その企画の正しさではなく、メンバーの共感性。国であれば、県や市区町村の現場の方々の理解なしに、世の中は変わらない。
    ③指導とは相手を否定し相手を変えること
    これもまた心に響く言葉。部下の指導は、部下の現状を否定し、部下に変わることを要望する。当然、自分への信頼性にマイナスの影響を与えうるもの。だからこそ、普段から、指導だけではなく、コミュニケーションをとって、認めほめるなど、信頼性にプラスの影響を与え続ける努力が必要。これもまた非常に核心をついている。でも、この点、本当に難しさを感じている。あきらめずに、信頼性にプラスの影響を与えるアプローチを続けていくことが肝要なのだろう。

  • 久々の☆5つです。OBH系の本としては中身の充実した本でした。単に個人の経験からくるあるべき論ではなく、理論的な裏付けも意識しながら書かれていて腹落ち感ありました。印象に残った言葉は次の4つ。①三流企業は上シャワー、一流企業は横シャワーと下シャワー。②企業の競争優位性は物理学の運動エネルギーと同じ。E(エネルギー)=1/2m(質量)×v^2(スピードの二乗)。つまり仕事の質と量も大事だが、スピードはもっと大事。③上司は部下が失敗し自ら気付く機会を奪ってはならない。④「指導」とは信頼ポイントを失う行為であることを自覚すること。「指導」する前に十分に信頼ポイントを貯金すること。この本、学びのポイントも盛りだくさんで素晴らしい本だったけど、タイトルとの整合性は今一つ。せっかくの良書なんだから、奇をてらわずもっと本の内容がちゃんと伝わるタイトルにした方が良いと思った。そこはちょっと残念。

  • 転職の度に著者の仕事レベルがアップしていくのが、よく理解できた。しかし、章を重ねるごとに読者へのメッセージ性が薄れているように感じた。

  • 組織を変革し、新たな針路を定め、部下の心を駆り立てていく「変革者」がリーダー。組織の効率的運営のため複雑さを減らし、仕事を整理していくのがマネージャー。

  • 多くの リクルート本を読んできましたが、組織の作り方、経営に
    ついてとてもわかりやすく体系的、具体的にかかれ勉強になります。

  • 体感的にはボンヤリと解っていることを「こうだ!」ことは難しい。自分が感じていた“伝えたいボンヤリ”はこういうことだ!
    という気づきを与えてくれる本だと思います。ボンヤリがモヤっとなることもありますが…。

全13件中 1 - 10件を表示

小倉広の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ロバート キヨサ...
神田 昌典
有効な右矢印 無効な右矢印

上司は部下より先にパンツを脱げ! リクルートで学び、ベンチャーで試し、社長となって確立した99の仕事術はこんな本です

上司は部下より先にパンツを脱げ! リクルートで学び、ベンチャーで試し、社長となって確立した99の仕事術を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

上司は部下より先にパンツを脱げ! リクルートで学び、ベンチャーで試し、社長となって確立した99の仕事術を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

上司は部下より先にパンツを脱げ! リクルートで学び、ベンチャーで試し、社長となって確立した99の仕事術を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする