知っているようで知らない 法則のトリセツ

  • 615人登録
  • 3.58評価
    • (38)
    • (61)
    • (83)
    • (12)
    • (5)
  • 76レビュー
著者 : 水野俊哉
  • 徳間書店 (2009年2月26日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198626709

知っているようで知らない 法則のトリセツの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 法則について知りたくて読書。

    他人のふんどしで相撲を取ったような本とのレビューがあるが、私は、むしろこれだけの冊数の本を読み込み、まとめたものだと思う。本書のような内容は個人的な相性がいい。

    成功本と呼ばれるビジネス書や心理学のエッセンス広く浅く知るには良書だろう。

    書評をまとめたようなものを書籍化するのも1つのアイディアだと思う。

    最後の法則の索引と参考文献がいい再現性を出してくれそう。

    私の師匠である杉村太郎氏の書籍『アツイコトバ』が2度引用されていたのが個人的に嬉しい。

    法則を利用して人間関係を円滑にし、強運な人たちと付き合い。
    幸福レベル=幸せの範囲+生活環境+快楽+充実(p210)
    マキシマイザー<サティスファイザー
    プラス思考≠思考停止的な楽観主義

    投資は時間と複利法則を活用して増やす。

    読書時間:約1時間35分

  • 手元に置いておきたい一冊!時々読み返したくなる本。

  • いろんな法則が網羅され、とにかく分かりやすく書かれている。また、仕事の中でも直ぐに実践することができるものもあり、実用性があると感じた。また、法則だけではなく、参考文献として挙げられている書籍の情報も多く、次に読みたい本も見つけることができた。

  • 成功本をとりまとめた本。なるほどなるほどとは思うものの、なかなか実践できない。いろいろまとまってて、よい本でした。でも実際は参考文献を読まなくちゃならないですね。

  • 法則をいくつ知ってる?使ってる?と話す必要ははくて、まずは試して続けてみると本当に自分がトリセツになりそうです。

    ちょっと調べるにはわかりやすく、参考文献も取り上げているのでタイトル通りトリセツとして活用できます。

  • いろいろな法則が紹介されています。
    ちょっとごちゃごちゃしていて読みずらい感あり。
    でもいろいろな法則を一度に知ることはできます。

  • 人間関係、ビジネス、勉強など様々な法則をまとめた本。どの法則も簡潔にわかりやすくまとめられている。全体を通してとても読みやすいうえに
    読み終わった後に、満足度が高い!久しぶりに本を読みながら忘れたくないところは手帳にメモをしました。様々な法則を客観的に説明してくれているから、妄信的になりすぎずよかったのかも(^O^)あとは実践ですね。

  • 読んだことのある本を思い出すのに丁度よいし、読みたい本もみつけたが、こんなにパクっていて、もとの著者はどう思うのか疑問
    本のタイトルから想像していたのと違った

  • いろんな本に載っている情報を再整理するのに最適。
    今回は聞いただけだったけれど、これは読みながら確認したい本!
    日常に少しでも多くの法則を取り入れていく!

  • 面白くない。それこそ沢山の法則が載っているが説明も不十分だし、結局出展となった本を読まないとわからない。
    すでに知っていたが忘れてた法則を思いだすのにはいいかも知れないがやっぱり他人のふんどしで相撲をとって儲けている。

全76件中 1 - 10件を表示

水野俊哉の作品

知っているようで知らない 法則のトリセツを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

知っているようで知らない 法則のトリセツを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

知っているようで知らない 法則のトリセツの作品紹介

ナポレオン・ヒルから行動経済学まで仕事、人間関係、勉強、人生の成功に役立つ「法則」総ざらい。

ツイートする