神君幻法帖

  • 19人登録
  • 3.33評価
    • (0)
    • (2)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 山田正紀
  • 徳間書店 (2009年2月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (317ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198626808

神君幻法帖の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 伝奇小説っぽいが理屈が鼻につく
    もっと自由に話を展開すべきでは

  •  山田風太郎の大傑作『甲賀忍法帖』へのオマージュ作品。なんと装画まで一昔前の角川文庫の妖しさ(画・佐伯俊男)そのままで、オールドファンは胸が躍る。

     原作同様、対立する忍者同士が秘術を尽くして死闘を繰り広げるストーリー。
     登場する忍者・忍術はもちろん山田正紀のオリジナルだが、荒唐無稽な忍術のひとつひとつに現代風の解説がついているのがユニークなところ。ツーミラーズニューロンによる読心術、ノンコーディングRNA、眼力による遺伝子情報の操作など、トンデモ科学のオンパレード。
     著者が楽しんで書いているのがわかるし、読んでいても楽しかったが、さすがに後半になってくると、そこまで無理に科学的に証明しようとしなくてもと、やや辟易した。

     『甲賀忍法帖』は21世紀になっても、映画、コミック、アニメに展開されているが、間違いなく日本が誇るSFの金字塔だとあらためて感じた。
     そういう意味では、絶対に原作を超えられないので★4どまり。あと、原作では10人対10人だったのが7人対7人に減っているのが少し物足りなかったかな。

全2件中 1 - 2件を表示

神君幻法帖のその他の作品

神君幻法帖 (徳間文庫) 文庫 神君幻法帖 (徳間文庫) 山田正紀

山田正紀の作品

神君幻法帖はこんな本です

ツイートする