日本はもうドイツに学ばない?―20世紀の戦争をどう克服すべきか

  • 15人登録
  • 2.75評価
    • (0)
    • (1)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
  • 徳間書店 (2009年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198626839

日本はもうドイツに学ばない?―20世紀の戦争をどう克服すべきかの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 元原稿は、「諸君!」や「正論」等の保守系の雑誌に寄稿したもの。

    ドイツの政治としてメルケル首相やダライ=ラマとの会談で中国との軋轢を生んだり、戦後ある意味我が儘なポーランドの主張に手を焼いたり、アメリカとEUと天秤にかけるイギリスや変わり身の早いフランスなどもすこし笑いも入れながら、論評している。

    ドイツとなると勤勉であり、EUの中心大国であり、戦後賠償に積極的に応じているというイメージであるが、全てが正しいとは限らない。特に最終章の教育の問題は、年々、世代を越えて大きな問題になりそうである。

    いろいろな意味で、イメージで捉えずに具体的に事実を積み重ねて理解すべきであると感じさせられたエッセイだった。

全1件中 1 - 1件を表示

川口マーン惠美の作品

日本はもうドイツに学ばない?―20世紀の戦争をどう克服すべきかはこんな本です

日本はもうドイツに学ばない?―20世紀の戦争をどう克服すべきかを本棚に「読みたい」で登録しているひと

日本はもうドイツに学ばない?―20世紀の戦争をどう克服すべきかを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

日本はもうドイツに学ばない?―20世紀の戦争をどう克服すべきかの作品紹介

本書は、著者がドイツで暮らしていて耳に入ってくるニュースを、エッセー風にまとめたものである。

ツイートする