外務省ハレンチ物語

  • 88人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (15)
    • (13)
    • (8)
    • (3)
  • 24レビュー
著者 : 佐藤優
  • 徳間書店 (2009年3月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (271ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198627089

外務省ハレンチ物語の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 性的描写をもう少し減らしてほしかったが、外務省内部の実情が赤裸々に描かれていて面白い。夫人の格付けには思い当たる節があり、ため息が出た。

  • 大使館や領事館の日本人職員は、3年ごとの参議員選挙を楽しみにしている。なぜなら、それは夏にあり、国会議員が外遊に来ないから。
    国会議員が外遊に来るとは、つまり、夜の遊びなども。
    吉原や堀之内の政治家専用ソープ
    ロシアでは性病にかかると強制入院。
    ロシアのホテルでマフィアと連携していない職員はいない。
    ロシアでは、官僚とマフィア幹部が同じということもよくある。
    ロシア語は、男言葉と女言葉がかなり違う。
    ロシア大使館には、ルーブル委員会という裏金組織。

  • 日本の外務省の腐った官僚たちのお話。実話をもとにしたフィクションとゆうか、名前以外事実ってことらしいんだけど、レイプだなんだとか、金の横領だとか、とにかく酷いな。外交官が情報集めたり人脈築いたりってするのに金は必要だけど、ちょっとこんな感じで税金が使われてるなら考えなきゃいけないわな。

  • 外務省に巣くう、人の皮を被った色情と金欲の鬼畜どもの所業を官能小説仕立てでこき下ろした作品。
    佐藤氏も名前を変えて登場してます。

  • 佐藤優の小説は面白い。リアリティがあるからだ。また、セックスを切り口にした外務省の暴露本でもある。大衆娯楽とインテリジェンスが織り混ざった、新感覚の試みだ。近著である佐田勇の告白と同じ感覚が得られる。ためになる一冊である。

    頭の良い人間も、性には弱い。頭の良さとは、欲望を要領良く追求できる力をも指すとすれば、寧ろ、そこに性欲が排除される理由はない。大義があるかどうか。これは、頭の良さとは違う。大義があれば、禁欲的にもなれる。しかし、大義がなければ、私利私欲をスマートに追求する快楽主義に走るのが、素直な人間だ。勉学も出世も手段だが、その先に何を求めるか。イデオロギーにおけるユートピアの具現化か、私利私欲の行使か。

    この小説の登場人物は決してスマートではない。地位や権利を、私欲に傾ける。その行為をハレンチと形容する。私欲の追求が巧みであればあるほど、人間はハレンチだ。ハレンチの失敗が、間抜けだ。著者当人は毛色が違う。そもそもインテリジェンスとは、公私に渡り、私的欲求を厳格に管理しなければ、その職業的意義が成り立たないのではないのか。ストイシズムの求めるものも、究極的には私欲であるのか。しかし、社会性動物としての人間社会において、その形は歴然と異なり、ストイシズムは大衆を惹きつけるのだ。大衆が求めるのは、究極的に完成した利他なのだろう。

  • 4〜5

  • 帯に小説!って書いてあって期待したんだけど、これは事実を元にした漫談として受け取るほうがいいでしょうね。
    知っている人が読めばあの話か、って全部わかることだろうし、多少は脚色を入れているのだろうけど実際には書けないくらいひどい話もあったのだろうといいうことは筆者も認めているし。
    こんなのも書いちゃうんですね佐藤さん、って印象。面白いけど残らないのもこれまた視野に入れてのことでしょう。

  • 読み始めてすぐに「官能小説」かと思った(笑)

    外務省の内幕を描いた、元外務省出身ならではの本だと思う。北芝健氏と同類と言ったら、どっちも怒るか?・・・
    もう、お金の使い方等は世界が違いすぎてしまい怒りを通り越し、呆れるしかない。まぁ・・この暴露本により、外務省に向けられる外からの目に少しは注意を払ってくれればいいのかな・・とも思う。

  • 外務官僚は、おいしい仕事。強姦、横領やりたい放題。なかみは、ポルノ小説で、面白かったが、寂しい感じも。

  • 【図書館】
    日本は終わってた。

    作品の紹介
    国益より己の欲望を優先。外務官僚および代議士が赴任先の国でしでかした下劣極まる下半身醜聞の数々を、実話に即して物語化。ハニートラップどころかロシア娼婦とのトラブルで現地マフィアと一触即発の事態を引き起こした代議士、上級職をかさに新人研修生への悪質セクハラを繰り返す首席事務官、在外公館で繰り広げられる破格の蓄財と性の宴――外交の最前線で起きている驚愕かつ下劣な実態を描く。最強外交官、初の小説!

全24件中 1 - 10件を表示

佐藤優の作品

外務省ハレンチ物語を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

外務省ハレンチ物語を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

外務省ハレンチ物語のKindle版

外務省ハレンチ物語の文庫

ツイートする