占い屋重四郎江戸手控え

  • 33人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (4)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 池永陽
  • 徳間書店 (2009年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (333ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198628048

占い屋重四郎江戸手控えの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 重四郎さんが良い。面白くてすいすい読めました。・・・でも、人がたくさん死んでいるんだな、と読み終わって思う。

  • 「点眼通の悩み」「可愛い居候」「老剣客の恋」「夜鷹の宝物」「一文字切り」「汚れた十手」「闇の三兄弟」の7編を収録。

  • 少々後味悪し。なのでちょっと低め評価。お話としては悪くないと思う。未来?がみえる重四朗が営む占い稼業をめぐる短編がいくつか。後ろの方、人、死に過ぎ。(泣)うーんなにかな、いろいろ納得いかない。おさんさんとかかわいそすぎるっ。せっかく重四朗にしろ左内にしろ腕が立つんだから、すっきり解決してくれればいいのに。まあ、そーゆー理不尽なとこが世間で、はっきり線引きできないのが人間の感情なのかも、とは思いはする。だけど、やっぱりやだ。池永さんのコンビニララバイとかは好きだったけどな。

  • 天眼通という占い師、間瀬重四郎が活躍する短編連作。陰のある話が、ちょっと物悲しい。

  • 占いで生計を立てる主人公。当たるのは5度に1度というフレコミ。その占いから事件に巻き込まれ、剣で解決していく。途中で当たらない4度は勘違いや解釈違いと説明が付く。そこでラストへのフラグが。全体的に報われない話が多い。

  • 2009/10/15-2009/10/16

全6件中 1 - 6件を表示

占い屋重四郎江戸手控えのその他の作品

池永陽の作品

占い屋重四郎江戸手控えはこんな本です

占い屋重四郎江戸手控えの作品紹介

江戸は湯島天神裏の長屋住まい。天下の素浪人・間瀬重四郎。たつきの道は、占い屋。天眼通天下一の看板につられてくる客はちらほら。黙って座ればぴたりと当たるは、ほんの口上。実は当たる確率は五度に一度。ところが、両親が死んで、長屋に引き取られてきた美少女おみつに不吉な印を観た重四郎。柳剛流の必殺技・臑打ち剣法が事件の渦中で大活躍。

ツイートする