メッシュ すべてのビジネスは〈シェア〉になる

  • 584人登録
  • 3.37評価
    • (21)
    • (42)
    • (68)
    • (21)
    • (3)
  • 67レビュー
制作 : 実川 元子 
  • 徳間書店 (2011年2月17日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198631178

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
シーナ・アイエン...
デール カーネギ...
ウォルター・アイ...
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

メッシュ すべてのビジネスは〈シェア〉になるの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これまでのビジネスは個人が何かを所有し、あるいは与えられるサービスを享受していたが、これからは複数人で何かをシェアしたり自分にあったサービスを選択する 。人々がインターネットに繋がり、情報の入手が気軽になったからだ。

    メッシュ という言い方はイマイチ浸透していない。シェアリングエコノミーの方がまだ聞くだろうか。

  • メッシュである。
    フリー、シェア、メッシュ
    これが三大キーワードとしてこれからも学を深めます

  • この手のビジネスに関する本において、成功に至った要因がなんとなくで、はっきり語られないことが多い。本書も同様。そこが読んでいて欲求不満の原因。本書をきっかけにきっちりと理論化すべし。

  • サイクルシェアリングも含めて、シェアやレンタルのビジネスが増えてきているように感じて読んでみた一冊。シェアすることの良さや、こんなものまでシェアできるんだといった世界のシェアサービス紹介、今後の見通しまで広くシェアにまつわるコンテンツを扱っていてとても参考になりました。必要なときに必要なだけ、というシェアはこれからも増えていくんでしょうね。立川でサイクルシェアリングができるといいんだけど。

  • アイデアを盗まれることを心配しなくても良い、もしそれが本当に新しいアイデアであれば、説明に苦労するから。というハワード・エイケンの言葉の引用には納得。
    すべてのビジネスがシェアとして可能だということを解いていて、リーマンショック以降のトレンドだということを述べている。

  • 1

  • The mesh:
    Why the Future of Business is Sharing ―
    http://www.tokuma.jp/book/tokumabooks/30e130c330b730e5 ,
    http://themesh.jp/ ,
    http://meshing.it/

  • チョコレートβ版というものがありサンフランシスコのチョーというチョコ会社がやってるそう。顧客からのフィードバックをもとに「フレイバーの軸」を抽出するそう。新しいもの好きはフランスでは「役に立たないものに大金を支払う人」ということを意味するってな。本題はメッシュビジネスって何?ってとこだがwww

  • 「シェア <共有>からビジネスを生みだす新戦略」をパクろうとしてそれすらもできていないような内容。得るものは何もなく、ひどい読後感でした。

  • 大好きなグリーンの表紙とメッシュという新しい言葉に惹かれる一冊。

    これからの時代はシェアの時代で
    如何に今までの企業の在り方では通用しないかを
    明確に述べていると思う。

    確かにシェアって最先端な感じがしてかっこいい。
    文中にもあったけどクールだと思う。

    この本を読んでいて、色んなアイディアが浮かんできた。

    日本でもこんな風な試みが広がればいいのになと
    夢広がった。

    『メッシュ』

    これから大注目だと思います。

全67件中 1 - 10件を表示

メッシュ すべてのビジネスは〈シェア〉になるを本棚に「積読」で登録しているひと

メッシュ すべてのビジネスは〈シェア〉になるの作品紹介

ソーシャル・ネットワークがすべてに網"メッシュ"をかけるとき、2010年代の経済・社会は、どう変わるのか?「モノ」より「つながり」、「使い捨て」より「借りぐらし」-。"ロングテール"以来の革命的ビジネスコンセプト、待望の邦訳。

ツイートする