セクシーGメン 麻紀&ミーナ

  • 26人登録
  • 3.56評価
    • (2)
    • (2)
    • (4)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 森奈津子
  • 徳間書店 (2011年7月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (253ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198632137

セクシーGメン 麻紀&ミーナの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  •  アホだw
     しかしながらシンプルかつありえない設定できちんと笑わせてくれる。

  • 「エンタメ本を読みたいなー」と思って本屋さんをうろついていた矢先、「ファンタジー」の棚に分類されていて、「そういえばそうだなー」と、一本取られたような感じで手に取りましたー。

    タイトルどおり、麻紀さんとミーナさんコンビの活躍するお話。厚生労働省の少子化対策職員って…まあ少子化対策のお話ですから、もちろんそういう流れだ(笑)。といっても、保守的なイデオロギーをふりかざして進むんじゃなくて、あくまでもそれはお話のお飾り。彼女らに指令を出す山縣課長もそのへんはわきまえておられますので、ヘンな主義主張でムカつくこともなく、すいすい読めます。

    ターゲットとなる男女はそれぞれ、お互いに愛と尊敬を抱いているのがハートウォーミング(たぶん)なので、陰惨にならず、嫌悪感も抱かせない(と思う)ストーリー運びです。個人的には、『SMカップルを裁け!の巻』の、麻紀さんがターゲットに仕掛ける心理戦が面白うございました。そういうコントロールをするものなのか、できるものなのか…と妙に感心いたしました。

    まあ、小道具や、状況をあっさりひっくり返す筆致が相変わらずSFで、しかもバカっぽい(←賛辞)ので、「エロ版ダーティーペア」と思って愉しく読んでいただければよろしいかと思う1冊です。あとがきが意外と硬派で、愛に関する、森さんの一本芯の通った姿勢を拝見することもできます。頑張れ、森センセイ!

    うーん、でももうちょっとカバーデザインでがんばってほしかったかも…と思うので、この☆の数です。ちょっとだけごめんなさい。

全2件中 1 - 2件を表示

森奈津子の作品

セクシーGメン 麻紀&ミーナはこんな本です

ツイートする