幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論

  • 816人登録
  • 4.32評価
    • (108)
    • (80)
    • (27)
    • (5)
    • (0)
  • 87レビュー
制作 : 高橋由紀子 
  • 徳間書店 (2011年8月27日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198632359

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 内容】ハーバード大学人気第1位講師直伝。「自分は幸せだ」と思える人ほど、よい結果を生んでいる。最先端のポジティブ心理学が解き明かす「成功」と「幸福」の驚くべき関係。目次】
    1 職場におけるポジティブ心理学(幸福優位性の発見;職場における幸せと成功;人は変わることができる)
    2 幸福優位7つの法則(‘ハピネス・アドバンテージ’幸福感は人間の脳と組織に競争優位をもたらす;“心のレバレッジ化”マインドセットを変えて仕事の成果を上げる「言葉」が人生を劇的に変えるとしたら果たして、信じられるだろうか?“テトリス効果”可能性を最大化するために脳を鍛える;“再起力”下降への勢いを利用して上昇に転じる“ゾロ・サークル”小さなゴールに的を絞って少しずつ達成範囲を広げる;“二〇秒ルール”変化へのバリアを最小化して悪い習慣をよい習慣に変える“ソーシャルへの投資”周囲からの支えを唯一最高の資産とする)
    3 幸せの波及効果(幸福優位性を仕事家庭に人生に応用する)

  • 幸福は成功を呼ぶ。人は絶えず変化することができる。幸福とは目標に向かい努力・変化すること。幸福を感じるために目標を定めよ。

    法則1 ハピネス・アドバンテージ
        幸福は人間の脳と組織に競争優位性をもたらす

    ○ポジティブな脳は、平常時の脳やネガティブな脳に比べて、生物学的な優位性をもつ。この法則から、脳を再訓練して積極性を高めることで、生産性や業績を改善する。

    ・成功の周りを幸せが回っているのではなく、幸せが中心にあって成功はその周りを回っている。
    ・医者にはキャンディーをプレゼントしよう(ポジティブ脳 であれば成果も出やすい)
    ・幸福エクササイズ
    瞑想する・何かを楽しみにする・意識して親切にする・ポジティブな感情が生じやすい環境をつくる・運動する・お金を使う(モノを買うのではなく何かのためにお金を使う)・固有の強みを発揮する
    ・メンバ間のポジティブな相互作用とネガティブな相互作用の比率が最低でも2.9013対1


    法則2 心のレバレッジ化
    -マインドセットを変えて仕事の成果を上げる

    ○自分の置かれた状況をどのように経験するか、またその中で成功できるかどうかは、マインドセット、すなわち心の持ちようによって絶えず変化する。この法則から、幸せと成功をもたらす てこの力が最大になるように心の持ちよう(てこの支点)を調整する。

    ・自分の仕事、をどう見るかが、実際にそれをどう経験するかを 決める。趣味や家族と過ごす時間を「非生産的」と捉えるなら、本当に時間の無駄となる


    法則3 テトリス効果
    -可能性を最大化するために脳を鍛える

    ○ストレスや悪いことや失敗ばかり注目するパターンが脳の中に出来上がってしまうと、挫折への道に自らを追い込むことになる。この法則から、脳を再訓練して肯定的なパターン(ポジティビティ)を探せば、どんな状況からもチャンスが見出せる。

    ・脳を訓練して、ポジティブな面を探すようにすることもできる。


    法則4 再起力
    -下降への勢いを利用して上昇に転じる

    ○挫折やストレスや困難のさなかでも、人の脳はそれに対処するための道を考え出す。失敗や苦難から立ち直るだけでなく、その経験があったからこそ、より幸せになり成功をつかむ道を見いだせる。

    ・アフリカに靴を売りに行く
     「ここでは誰も靴を履きません」
     「ここではまだ誰も靴を持っていません」
    ・苦境に陥ったときに、ネガティブな状況をポジティブに変える努力をする
    ・自分の運命を決定するのは逆境そのものではなく、それに対して何をするかだ
    ・逆境は自分が創造するほどひどくならない、なぜなら、ひどい結果を予想することによる恐怖は常に結果より悪いからだ。この心理を知っているだけで、不幸をより楽観的に解釈できるようになる。


    法則5 ゾロ・サークル
    -小さなゴールに的を絞って少しずつ達成範囲を広げる

    ○大きな試練に圧倒されると、理性が感情に乗っ取られてしまう。まず達成可能な小さなゴールに注目してコントロール感覚を取り戻し、それから徐々に範囲を広げて大きなゴールを達成する。

    ・小さな成功が積み重なれば、大きな成果につながる。それにはまず、砂の上に最初の円を描くことから始めなければならない。


    法則6 20秒ルール
    -変化へのバリアを最小化して悪い習慣をよい習慣に変える

    ○人間の意志の力には限界がある。いい方向に変化してもそれを持続させることは難しい。意志の力が尽きれば、もとの習慣あるいは「最も抵抗の少ない道」にずるずると戻ってしまう。この法則から、エネルギーの調整によって、別の道を「最も抵抗の少ない道」にし、悪しき習慣をよい習慣に置き換える。

    ・20秒の障壁を取り除き、「最も抵抗の少ない道」に変更する


    法則7 ソーシャルへの投資
    -周囲からの支えを唯一最高の資産とする

    ○試練とストレスに見舞われると、身を丸めて自分の殻の中に閉じこもってしまいがちだ。しかしもっとも成功している人々ほど、友人、同僚、家族との人間関係を大事にして、それを推進力としている。この法則から、成功と卓越をもたらす大きな因子、人のネットワークにもっと投資する必要がある。

    ・人間関係への投資でストレス緩和と業績アップを図る

  • TEDを見てからずっと読みたかった本。非常に面白く有意義だった。

  • ☆支点をポジティブなマインドセットに移動させるのは重要なことだが、それも度を過ぎてはいけない。自分の可能性に対して、あまりに非現実的な期待を持つことには注意が必要だ。
    ☆「今日起こった三つのよいこと」を書き出そうとすると、脳は一日の出来事を振り返り、ポジティブを思えることを探し始める。一日にたった五分間これをすることで、脳が自分の個人的及び職業的な可能性に気づき、それに働きかける機会を見つけることができるようになる。また人は、一度に注目できる範囲に限界があるので、ポジティブなことを考えると、それまで頭を占めていたほかの小さな心配やイライラは背後に追いやられるか、意識の外に押し出されてしまう。
    ☆重大な苦しみやトラウマは、さまざまな面において、非常にポジティブな変化をもたらす。挫折からうまく立ち上がることのできる人というのは、何が起こったかによって自分を定義せず、その経験から何を得るかによって自分を定義する人である。そういう人たちは逆境を利用してそこから進む道を見つける。逆境からただ「立ち直る」のではなく、「起き上がってさらに上に伸びる」のである。
    ☆「ものごとはたいてい、自分が思うほどには悪くない」というのが、基礎生理学に基づく事実である。なぜなら、ひどい結果を予想する恐怖は常に、結果そのものよりも悪いからだ。この人間心理の奇妙な性質を知っておくだけで、人生につきもののさまざまな不幸を、より楽観的に解釈できるようになる。だから、仕事で行き詰まったり、職場でフラストレーションがたまったり、個人生活において大きな失望があったりして、絶望感や無力感にとらわれたときにはいつも必ず上方に向かう「第三の道」があるのだということを思い出そう。ただその道を見つけさえすればいい。そして、何より大事なのは、成功とは「一度も失敗しないこと」ではない、ということを理解することである。(=フォーリング・アップ)
    ☆自分が違いを生み出せると思う小さな範囲に努力を結集させることだ。小さな円から少しずつ範囲を広げていくことにより、自分の行動が結果に直接影響するということ、つまり自分は自らの運命の大半を支配する主人公なのだということを再学習できる。「内的統制感」が高まり、自分の能力に対する信頼が固まってきたら、さらに外側に向けて努力を拡大していけばいい。
    ☆手の届かない高い目標に向かってジャンプをすれば、必ず失敗する。達成しやすい小さなゴールをいくつか設けるのがよい。達成を喜びながら、最後までやり遂げることができる。
    ☆取り入れたいと思う習慣の「活性化エネルギー」を下げ、避けたいと思う習慣の「活性化エネルギー」を上げる。(=取り入れたいことはやりやすく、避けたいことはやりにくくする仕組みを作る。)

  • レビューはブログにて
    http://ameblo.jp/w92-3/entry-11133487679.html

  • 翻訳本で読みにくかったけど、内容はみんな実践したら面白そうだなぁと思った。

  • ハーバード大学の講師による肯定心理学の本。どうすれば幸福に生きられるかが書いてある。全般的に著者の主観で書かれており、 「心理学的に証明されている」というような自分の主張は科学的に正しいと言ったニュアンスの表現があちこちに見られるが、データを参照したり実験をしたりといった客観的根拠に基づく記述は少ない。
    他研究を参照した話は幾つかあり、他の心理学や脳科学の本を読んで知っている内容のものもいくつかあったが、翻訳がまずいのか元の文章がまずいのか、研究結果が伝えたいものがやや伝わりづらく記述されていると感じた。
    ただ、読み物としては面白く、感覚的に納得できる部分はそれなりにあった。

  • 成功があって幸福になるのではなく、幸福だから成功するという従来の考え方とは逆の理論で新鮮だった。幸福であれば、ポジティブになり、創造的になり、成功するというもの。
    幸福感を得るには
    ・瞑想する
    ・何かを楽しみにする
    ・意識して人に親切にする
    ・ポジティブな感情が生じやすい環境をつくる
    ・運動する
    ・お金を使う(何かをするために)
    ・固有の強みを発揮する
    また同じ事象を人によって捉え方が異なる。ポジティブに捉えるか否かはその人のマインドセットの問題。筆者はマインドセットをてこの支点になぞらえ、マインドセット次第でレバレッジを効かせることができると言う。
    著者が「テトリス効果」と呼ぶが、脳がポジティブなことを拾い上げれば拾い上げるほど、良いことが続くと思え、楽観的になる。
    ネガティブなことが起きても、危機を成長のきっかけにする。
    周囲からの支えを唯一最高の資産。
    最後に幸福は周りに波及する。

  • 「病は気から」の逆で、ポジティブな考え方が幸福な状態を作り出す。

  • ポジティブ心理学が書かれた本
    できない自分を責めていたが、これを読むとできなくても開き直れる。
    成功を掴むために7つの法則を実践したい

全87件中 1 - 10件を表示

ショーン・エイカーの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デイル ドーテン
タル・ベン・シャ...
ジェームス W....
佐々木 圭一
シーナ・アイエン...
伊賀 泰代
有効な右矢印 無効な右矢印

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論はこんな本です

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論を本棚に登録しているひと

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論を本棚に「読みたい」で登録しているひと

幸福優位7つの法則 仕事も人生も充実させるハーバード式最新成功理論を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする