ブラッドバス

  • 61人登録
  • 3.53評価
    • (5)
    • (4)
    • (6)
    • (4)
    • (0)
  • 9レビュー
著者 : 深見真
  • 徳間書店 (2011年9月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (354ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198632434

ブラッドバスの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 飛行機の中で三回も読んじゃいました。そう、こういうのを待ってたんですよ私は!
    これまで深見先生の最高傑作はゴルゴタと人知れず公言していましたが、ブラッドバスもゴルゴタに匹敵する爽快感。
    特にインターバルの部分が好きです。ゴルゴタもそうだけど、すごく映画的な表現が満載で、砂埃とか匂いとかのイメージがじわじわ迫ってくる。
    うわー、フカミンの進化についていけん><

  • 作者の作品「ゴルゴダ」最初っだった 待ってたぜ!!の作品だったため(続けて2回読んだ)今回の「ブラッドバス」期待通りの やっぱりいい!!!銃の細かいディテール、ついその場で画像検索したくなる!! 星6です。

  • 2011年読了

  • 痛快、グロ、ストーリーに無理は感じるものの、圧倒する戦闘描写はスッキリする、中2系、

  • まるで香港映画を見ているようで、面白く読めた、軽い感じで爽快?

  • 「ゴルゴタ」以上のバイオレンス。
    「血の収穫」スプラッター版という感じ。

  • えぐい。

  • いろんな意味でスゴイ作品だと思いました。題材は別として、スピード感や迫力、キャラの存在感は唸らせるものがあると思います。この二人の別作品て、あるのかしら?

  • 暴力描写に多少慣れていたつもりでも素に戻って「うわぁ」とか言いたくなる、箍の外れた凄惨で稠密な描写。本当の意味で取り扱い注意な書籍なのかもしれない。けれど体験の価値有。

全9件中 1 - 9件を表示

深見真の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
東野 圭吾
山田 宗樹
貴志 祐介
伊坂 幸太郎
和田 竜
伊坂 幸太郎
ピエール ルメー...
横山 秀夫
貴志 祐介
米澤 穂信
伊藤 計劃
誉田 哲也
有効な右矢印 無効な右矢印

ブラッドバスに関連する談話室の質問

ブラッドバスはこんな本です

ブラッドバスを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ブラッドバスを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ブラッドバスを本棚に「積読」で登録しているひと

ブラッドバスの作品紹介

俺たちならどんな敵でも倒せる。強くお互いを信頼し合っている入江と坂爪。しかし、二人はあまりにも対称的だった。入江は自衛官。精鋭部隊である第一空挺団所属。隊の中でもトップクラスの戦闘能力を持ち、冷静沈着で感情をあまり表に出さない。坂爪は広域暴力団の若頭補佐。ヤクザだが、人情に篤く身体能力も抜群。そんな坂爪が中国人女性と結婚し、中国に永住することを決めた。これを機に離れた二人だったが、一通のメールが入江を中国へ向かわせる-それが、戦争の始まりだった。

ツイートする