高原のフーダニット

  • 760人登録
  • 3.32評価
    • (21)
    • (95)
    • (150)
    • (28)
    • (6)
  • 123レビュー
著者 : 有栖川有栖
  • 徳間書店 (2012年3月16日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198633639

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有栖川 有栖
有栖川有栖
有栖川 有栖
綾辻 行人
有栖川 有栖
有栖川 有栖
高野 和明
米澤 穂信
有栖川 有栖
有栖川 有栖
有効な右矢印 無効な右矢印

高原のフーダニットの感想・レビュー・書評

  •  火村英生が探偵役の短編集。
     短編というか中編?
     2話目の「ミステリ夢十夜」は、10個のショートストーリーから成ってますが。
     というか、夏目漱石の「夢十夜」を知らない人が、この本を前から順番に読んでいったときに、この「ミステリ夢十夜」を読んだら、どう思うんだろう、と。
     この話だけを単体で読む分にはいいんだけれど、第1話と第3話は普通のミステリだから、この「ミステリ夢十夜」も、この話だけの連作みたいなのだと思っちゃわないかな、て。
     何でこの間に挟んじゃったんだろ。

     火村さんのシリーズは、警察側もいろいろな人が出て来るから、どこの県警・府警の人なのかごっちゃになる。

  • 火村シリーズ。

    『オノコロ島ラプソディ』
    叙述トリックって苦手ですか?と、ある編集者にあおられて…
    オチがやや無理があるというか、「それ、言い逃れですよね?」と(笑)
    作品に対してではなく、キャラクターに。

    『ミステリ夢十夜』
    夏目漱石の「夢十夜」へのオマージュ。
    短い話(全部20枚ずつらしい)ばかりで、本格推理物になる長さではないが、これがなかなか面白い。
    夢ならではの不条理とか、いつもと違う印象の火村とか。

    『高原のフーダニット』
    地域的密室?
    そんなことで殺しちゃうの?という感じですが…
    物の弾みって怖いですね。
    ミステリ作家を目指す、喫茶店のマスターがいい感じ。

  • とっても面白かった。作家アリスシリーズ20周年を飾る1冊らしい。オノコロ島ラプソディではアリスが「俺は三毛猫ホームズか」と呟いてるところで爆笑。。。
    ミステリ夢十夜、なんだこれ?と思いつつ、微妙な後味で楽しかった。表題作の高原のフーダニットは、いつになく火村先生の口数が多くて、楽しめた。
    シリーズの中でもお気に入りの本の一つだなー。

  • 夢十夜が好きなのです(* ´ェ` *)
    特にこの、最後の文章の切り方がとても好きなのです(* ´ェ` *)
    3本目の本格ミステリはそれだけで十分有栖川テイストなのですけど、2本目の夢十夜は何度かニヤニヤしてしまうのですね( ´¬`)

  • 犯罪社会学者・火村シリーズを三作品収録した中篇集。
    表紙がシャレオツで良い感じですが、楽譜のコラージュを見て一瞬ソラシリーズかと思いました。
    以下各話超簡易感想。

    「オノコロ島ラプソディ」
    授業の合間を縫ってゆとり0で捜査に協力してる火村に比べて、アリス先生がやたらウキウキしてらっしゃる…。
    トリックの島荘感も含め、殺人事件の割には妙にギャグテイストで明るい感じの一作。
    アリス、少なくとも作家アリスって結構負けず嫌いで尖った性格してるよなーと冒頭を読んで思いました。あの一連の流れにもちゃんと意味があるのがいいですね。
    それにしても今回のアリス、捜査中からオチまでずっと小旅行気分で割と鬼だなと思いました。

    「ミステリ夢十夜」
    かの有名な夏目漱石の夢十夜のパロディ。
    ”こんな夢を見た”から始まる奇妙なショートショートですが、色々酷い(褒め言葉)。
    キャラクターが立っているシリーズだからこその愉快さを感じる連作でした。本編じゃこんなネタ絶対できないもんなぁ。
    それにしてもやっぱり森下さんはハイスペックですわ。

    「高原のフーダニット」
    表題作であり、三作品の中で一番ストレートにミステリしている一作。
    平和な高原の村で双子が殺される、という少し古典的なモチーフにワクワクします。実際に読んでみるとそれほど古典でもないですが。
    時々(割としょっちゅう?)描かれる火村のセンシティブな部分というか、人間への情みたいなのが結構好きです。
    服装センスがちょっと変なオッサンが言ってると思うと温かい気持ちになる(…)。

    あと書きによると火村シリーズはこれからもバリバリ書いていくつもりのようなので、また近いうちに作品が読めそうで楽しみです。
    江神シリーズは腰を据えてじっくり書いていただくとして、火村物もまた長編で読んでみたいなぁ。
    国名シリーズ復活しませんかね?(チラッチラッ

  • ミステリ夢十夜に惹かれて手にとった。
    ミステリとは言えないが夢十夜の名にふさわしい不思議な話達だった。これまでの登場人物が入り乱れ、様々な立ち位置になって登場する。どんな突飛な展開もはじめの、こんな夢を見た。ですんなり受け入れられるのだからおもしろい。
    夢十夜特有?のこの不安・恐怖に似た読後感がたまらなく好みであった。

    表題になっている高原のフーダニット、謎解きが急展開だった気もするが、久しぶりに火村が闇をのぞかせた。火村の過去が明かされることはないのだろうけど、彼が時たま見せる闇がこのシリーズに夢中にさせるスパイスになっているのは確かだ。

  • 高原のフーダニット読了。なんだろう。なんだろうこの半端じゃないモヤモヤ感。なんかこう……ホワイダニットにしろメタにしろ、どっちつかずで中途半端感があるんですよね……その半端さが気恥ずかしいというか……。有栖川さんは短編が一番いいなあ。長くなるとオチの強さを期待してしまうからな。

  • *オノコロ島ラプソディ
    *ミステリ夢十夜
    *高原のフーダニット

    ミステリ夢十夜では片桐さん、朝井小夜子女史も登場し、根底に潜む怪しさと、シリーズものならではのにぎやかさが、いいコントラストを引き出してるように感じる。
    ぬぐい去れない、不安。ミステリ、ではないかも。

    有栖川有栖の作品を読んで常に思う事は、言葉が丁寧に選ばれ紡がれていること。上品でいて、かしこまってない。言葉とは、まさに人柄だと感じる瞬間であります。

    さらに作家編を読んでいると、「専門外のレポートに時折傑作物がある」(明確ではないけれど、そんなような事。孤島パズルより。)学生アリスを思い出して、有栖川有栖をどんどん知りたくなる。

    今まで、エッシャーの絵のように「手が手を描く」イメージでいたけれど、二次元じゃなく三次元で考えられてるのかなー?と感じるきっかけになった一冊でした。

  • 火村シリーズの中編3篇。安定のおもしろさ。「ミステリ夢十夜」が風変わりで楽しめた。

  • 図書館で借りた本。

    ミステリ夢十夜がお気に入り。

  • 中編2本とショートショート悪夢10連発。オノコロ島はアリスの仕事からの逃避行もあわせて面白い。高原のフーダニット、終盤犯人を追い詰める火村のやり方がなんだからしくなく見えた。メールはやり過ぎなのに、その後が手ぬるい。夢十夜は読みながら不安になるものばかり。本人パロディという感じ。

  • 中の「夢十夜」は作者が言ってる通り全然ミステリーじゃないし、始めと終わりの中編も「ふーん」な出来。フーダニットと啖呵切られて犯人分かんなかった私が言うことでもないですが(≧∇≦)

  • ロジカル性よりも、心情とかの絡まった行動、キャラクター性に魅せられた一冊。ミステリーじゃないけどアリスがひたすら悪夢を見る短編はなかなか滑稽で楽しい。

  • (収録作品)オノコロ島ラプソディ/ミステリ夢十夜/高原のフーダニット

  • 中編3編収録。「ミステリ夢十夜」ちょっと好きです。

  • 全体的に本格というより、んー、むしろ表題作に出てくる赤川次郎タイプかなぁ。
    赤川次郎は陰惨な内容をからっと書くことで寒々しさや孤独感を演出するところが主題だと思うので、トリックは結構場当たり、もしくは答えを強引に問題にあわせるたようなものが多いんだが、今回は淡路のオノコロジマラプソディ(あってたか)なんか、えー、そんなんやる必要あるー?としか、言えないトリック(とも言いたくない)だった。
    おそらく、そのトリックを使わざるを得なかった犯人の心境が主眼だったのではないか。
    それは高原の方も一緒で、火村先生、その指摘は半分思い込みじゃないの?みたいな手がかりで犯人を看破。
    そして、これも犯人が誰かということではなく、被害者のメッセージの方がおそらく主軸。
    高原で赤川次郎について会話するシーンがあり、ロジック重視の作家として量産作家への皮肉かなと思ったら、案外尊敬しているみたい。
    そう思うと、この一冊はひょっとして大先輩へのオマージュなのか?とも思える。
    オマージュといえば、夢十夜のオマージュ、むちゃくちゃだと思うが、夢と言えば不条理、不条理といえばアリス。
    作者もアリス。もしやこれもオマージュ…?

    初の中編集として、いつもと違った作風を目指しただけあって、いつもの有栖川有栖と思った人は少なからず面食らうと思われます。評価は分かれるでしょうね。

    装丁は作者が絶賛する通り、ハードカバー版は素敵。

  • 森下さんが一瞬しか登場しなかったなー

  • 「オノコロ島ラプソディ」容疑者には鉄壁のアリバイ。国産み神話の淡路島で、火村を待ち受ける奇天烈な事件。「ミステリ夢十夜」有栖川有栖は近ごろ怪夢を見る。火村と彼を次々と不可思議が襲う夢だ。今夜もきっと…。「高原のフーダニット」弟を手にかけました…美しい高原を朱に染めた双子殺人事件は、一本の電話から始まった。透徹したロジックで犯人に迫る、これぞ本格=フーダニットの陶酔。ミステリ界の名手、初の中編集。 (「BOOK」データベースより)

    全3篇の中編集。
    鯨統一郎氏の「ふたりのシンデラ」の中に淤能碁呂島という言葉がルビもなくでてきて、不勉強な私は読み方もわからず、検索してやっとわかった、ということが以前ありました。
    この作品にはカタカナで登場。
    まあそれ自体は重要なファクターというものではないのですが(笑)。
    「ミステリ夢十夜」は10の短編集ともいえるもので、夢のお話とはいえ、なかなかに楽しめて私は好きです。
    「高原のフーダニット」は人里はなれた集落などの閉鎖環境での事件とか、そんな雰囲気もややあり、爽やかな高原が舞台でありながら、鬱々としたものも感じました。
    「風谷人」でフーダニットとは、なかなか素敵な当て字です。

  • 火村英生シリーズ中編集。



    収録作品:オノコロ島ラプソディ ミステリ夢十夜 高原のフーダニット

  • 淡路島の巨大大仏についてのニュースがやっていた。
    あれ、今、台風のせいで穴が開いてしまったらしいね……。(撤去したくても、諸々の理由でできないとかなんとか)

    舞台が、普段よりも離れた場所にあるせいか、ふわふわとしたとらえどころのない話が多かった。
    特に『悪夢十夜』は、アリスの夢の中の話だけに、とらえどころのない怖さがあった。

  • 作家アリスシリーズ。
    オノコロ…淡路島周辺の事件。アリスの発想力に注目。この

    夢十路…登場人物オンパレードのショートショート10編。ミステリでなく短編。

    高原のフーダニット…昔火村准教授が冤罪を晴らしたことのある双子の兄弟が殺された。前日に兄から殺人を犯したと相談の電話があった准教授は驚く。現場の街には事件当日やって来たよそ者はいない。別宅としてちょくちょくやって来ていた被害者達は特に住人と親しくしていた訳ではなさそうだが…
    アリバイと兄への脅迫タイミングなど、ロジカルなところはさすが。自分はアリスと同視点なので、説明タイムになるほどーと言うばかり。

    深い怨恨や人間関係のいざこざがないから、このシリーズは疲れてる時の息抜きに最適。

  • 2014.08.14読了。大体2時間ぐらい。

    火村シリーズの中編集。
    「オノコロ島ラプソティ」オチは結構好きな話なんだけど、そういう考えの持ち主だというのが、途中分かんなかったので、?と思うところもあった。こういうアリバイのトリックもあるのだと、感心した。
    「ミステリ夢十夜」この本の中で一番好き。だが、ミステリーではない。有栖が夢で見たお話を書いているだけなので、不条理でめちゃくちゃなお話ばかりです。ただ、ちょっとオチにひねりが効いてたり、読んでて楽しかったです。
    「高原のフーダニット」ミステリーとしては普通。最後に火村さんが一番筋の通った推理を披露して、犯人を突き止める綺麗な安心できる流れ。見どころはいつも違う一面を見せる火村先生ですね。

    全体として、火村シリーズは安心して読めるし、ミステリーだけじゃなく、キャラクターものとして楽しんでいる節はある。これからも新作を楽しみにしていきたいなー。

  • 火村先生の中編が3本。
    真ん中の「ミステリ夢十夜」は中編と言えるかは、少し疑問ですが、この編が本書の一番の魅力だと感じます。
    短編が10本。それぞれ著者のユーモアや創造性を感じることが出来る。福男の話を、あのようなメタファーとして描くセンスに、個人的に脱帽した。

  • オノコロ島ラプソディ:わざとだろうけどあまりのトンデモトリックに白目。本文中に三○猫ホームズの話題が出たのでまさかそこへの逆オマージュ…?と邪推してしまった。
    ミステリ夢十夜:夢落ちならぬ夢ネタピクシブクオリティ短編
    高原のフーダニット:特に目新しさは無いけど不満も無いかな…という。火村先生の珍しい行動が見れたのでこのシリーズのキャラ読みの身としてはまぁ満足です。

  • 何かが物足りない。こんなにキレがわるかっただろうかと思うほど、内容が微妙。相変わらず、火村先生はかっこいいが…。期待していただけに残念。

全123件中 1 - 25件を表示

高原のフーダニットを本棚に登録しているひと

高原のフーダニットを本棚に「読みたい」で登録しているひと

高原のフーダニットを本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

高原のフーダニットを本棚に「読み終わった」で登録しているひと

高原のフーダニットを本棚に「積読」で登録しているひと

高原のフーダニットの作品紹介

「オノコロ島ラプソディ」容疑者には鉄壁のアリバイ。国産み神話の淡路島で、火村を待ち受ける奇天烈な事件。「ミステリ夢十夜」有栖川有栖は近ごろ怪夢を見る。火村と彼を次々と不可思議が襲う夢だ。今夜もきっと…。「高原のフーダニット」弟を手にかけました…美しい高原を朱に染めた双子殺人事件は、一本の電話から始まった。透徹したロジックで犯人に迫る、これぞ本格=フーダニットの陶酔。ミステリ界の名手、初の中編集。

高原のフーダニットの文庫

高原のフーダニットのKindle版

ツイートする