神去なあなあ夜話

  • 3817人登録
  • 3.86評価
    • (357)
    • (758)
    • (477)
    • (41)
    • (8)
  • 593レビュー
著者 : 三浦しをん
  • 徳間書店 (2012年11月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198635060

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

神去なあなあ夜話の感想・レビュー・書評

  • 神去村のみんなのなあなあな日々を
    柱の陰からこっそり覗き見ているかのような、この喜び!
    わずか1㎝角にも満たない犬のノコのイラストすらうれしくて
    「ノコ~!元気だった?!」と頬ずりする私。

    本の頁を開いて、自分が物語の世界へと入り込んでいくのに
    なぜだか「おかえりなさい」と言いたくなってしまうのが不思議です。
    これぞ神去村マジック♪

    横浜にいたころは、完全に名前負けのテキトー男子だった勇気。
    ケータイも満足に繋がらない神去村に無理やり送り込まれて1年半、
    めでたく中村林業(株)の正社員としてうれしそうに働いているのが微笑ましい。

    村の起源やヨキ夫婦のなれそめ、清一さんが高校生でおやかたさんとなった事情など、
    耳をそばだてずにはいられない神去村トリビアを交えながら
    都会から来たよそ者ではなく、村の仲間として
    山ですくすくと育っていく木々のようにしっかりと根付きたいと願う
    勇気の姿が温かく描かれます。

    まだ小学生の頃に、働き盛りの両親を一瞬にして亡くしたヨキが
    「俺が死んだら、きっとおまえも、山で俺の気配を感じるようになる」
    と勇気に語る場面が素晴らしくて。

    清一さんを崇拝し、ヨキやノコとじゃれ合い、山太を可愛がり
    直紀に恋い焦がれながら、
    いつか神去の山々とつながれる日を信じて、なあなあでがんばれ、勇気!

  • 勇気の幸せをお裾分けしてもらえる物語。

    主人公の勇気が架空の読者のみんなたち(この呼びかけが好き♪)に向けて書いた日々の記録。
    照れたり落ち込んだり、すごく素直な文章は読んでいてとても心地いい。
    こっちではたくさんの人が勇気のお話を楽しく読んでいるよと伝えたくなる。
    勇気の方では読者は架空の存在で、読者の方では勇気が架空の存在。
    でも本当はどっちもちゃんと存在しているのかもと考えると、これまた嬉しくてにこにこしてしまう。

    神去村で働き始めてから1年経って、勇気は中村林業株式会社の正社員になったらしい。
    村の人から信頼されているし、勇気も村の人達を大切にしているのが伝わってくる。村の一員になったんだなぁ‥と感じる。
    そして一員になったからこそ知ることが出来ることもあって、今回は村の過去についてもたくさん語られている。
    繁ばあちゃんが教えてくれる神去村の昔話も、二十年前に起きた事故のことも、今の勇気だから教えてもらえたんだろうし、受け止められたんだろうなと思う。
    そしていつか勇気が他の誰かに村のことや村での自分のことを話す日が来るんだろうなと考えて、その日のことも絶対記録してねと念を送っておいた。

    恋のお話もとっても可愛く、文章のテンションがぐちゃぐちゃになるのも面白い。にこにこ。

    夜話というタイトルだけど、夜って昼間とはまた違う時間なんだよな。
    晩ご飯を一緒に食べたり、お酒を飲んだり、パーティーをしたり、時には遭難したり(?)、夜を一緒に過ごすことでそれまでよりぐっと近付けるような気がする。
    夜のお話が多いこの本を読んで、私も前より神去村に近付けていたらいいなぁ‥なんて、片思いに似た気持ちになってしまった。

  • 神去なあなあ日常続編やっと読めました!
    今回は林業よりも人物(主に勇気の恋)中心だった。相変わらずハチャメチャなヨキと、しっかりした清一さんのご両親の話は胸が痛くなった。みんな苦労を乗り越えてきているから人に本当に優しくできるんだね。他にもクリスマスの可愛い三太や、意外な繁ばあちゃんの行動に大笑いしたり、勇気のヘタレ具合に呆れたり。色々な人のエピソードが読めて良かった。ひっくるめて言える事は…神去村の面子はいい人ばっかりだ~!

  • 図書館での気の遠くなるよな予約番号。
    いつになったら読めるかな・・と思っていたけど、
    近所の本好きの友達から「買ったよ!次まわすね(*^^*)」となんとも素敵なお言葉。感謝感謝です!(^^)!

    友達のおかげで勇気のその後が見れました。
    成長したね~勇気くん。すっかり神去村にもなじんで、山の仕事にも慣れてきた感じで。前作では逃げ出そうとしていたのに、山の仕事がすっかり好きになってしまい、頼もしく感じた。
    今回は直紀との恋バナもあり、2人のその後が知れてよっかた。
    恋の話も多く、だから夜話なんかなぁと納得。

    日本昔話のような神去村
    前作以上に、そんな神去村の不思議な魅力が描かれていたように思う。

    前作から、清一派なんだけどヨキもなかなかいいね♫
    2人のつらい過去には涙・・・でした(T_T)

  • 「神去なあなあ日常」の続編。
    田舎の村の暮らしが、いまどきの若い者の視点と口調で楽しげに語られます。
    楽に呼吸できる気分で、読めますよ。

    高校を出てふらふらしていた平野勇気は、和歌山県の山奥の神去村に送り込まれて1年。
    林業にもだんだん慣れてきて、正社員に。

    小学校の先生で年上の直紀さんには告白してあるのだが、ドライブの誘いは3回に1回ぐらいしかオーケーしてもらえない恋人未満の状態。
    村中にその有様は、バレバレという。

    ヨキ夫婦の結婚のいきさつやら夫婦喧嘩やら。
    繁ばあちゃんのたくましさも笑えます。
    清一さんとヨキの家族に昔、起きたこと。
    山暮らしを舐めてはいけない厳しさ。
    どこか不思議な村の風習。

    清一さんの息子の山太とよく遊んでいる勇気は、クリスマスをやりたがる山太の気持ちを思い、皆で工夫することに。
    楽しいですね~。
    特別な濃さはないですが、人が生きているたくましさが何気なく伝わり、心地よく読めました。

  • 相変わらずゆったりと時間が流れていく神去村にずいぶんとなじんで、ようやく正社員として山の仕事に励む勇気くん。

    勇気が居候させてもらっている先輩、ヨキさん。
    ヨキの優しさも辛さもまるごと深い愛情で受け止める奥さん、みきさん。
    村の小学校の先生で、勇気が思いを寄せる直紀さん。

    みんな若いのに、しっかりしている。地に足がついている。
    自然と対峙して生きていく、生かせてもらっているとちゃんとわかっている。

    勇気くんは、横浜から1年ほど前に何の経験もなく、林業の世界に放り込まれた。手伝いや下働きを経て、ようやく正社員になったものの、経験も体力もまだまだ十分とはいえず、自信を持てそうになっても、時折ぺちゃんこに打ちのめされることもある。

    働くって、そういうことなんだと思う。
    歳をとって、先を見通してずいぶんうまく立ち回れるようになったはずなのに、未だに思わぬところからパンチを食らうこともあるもの。
    それでも、落ち込むようなことがあっても、そこから学んでいつまでも、成長できるはず。

    一見豪放なヨキさんのこと、神去村のまだ踏み入れてない場所も知りたい。勇気くんがますますたくましくなって、立派に仕事をする姿をまた見たい。
    ずうずうしいけれど、気持ちだけでも一緒に成長したいものです。

  • 神去村にやってきて一年。
    最初はすべてが驚きの連続で、逃亡を企てたりおっかなびっくりだった勇気も、
    ずいぶん村の暮らしに慣れ、たくましい山の男へと変貌しつつある。
    なあなあな村人と交流を深め,直紀さんとの距離を着実に縮め、
    ヨキや清一さんの両親を巻き込んだ過去の大事故を知るようになる。

    前作をもうだいぶ忘れているかと思ったけど、意外に色々覚えていて、
    どうも久しぶり、ただいま神去村!な気分になれた。
    前作より、林業ではなくて村の生活にスポット当ててて、少し残念でもあったけど
    神去村がより身近に感じられた。こんな信じられてるお稲荷さんとかいいな(笑)
    ちなみにこの本、勇気がこっそり書いてる日記という体裁だったんですね。
    一人称だったのは覚えていたけど、こんなの夜中に書いてるんだと思うと
    ちょっと笑いがこみあげてしまう。

    とはいえ、村の色々な伝承に、村人のファンタジーだなんて思いつつ、
    しっかりなじんでいる勇気が微笑ましい。
    そして、ヨキとミキさん夫婦の押せ押せななれそめやら、パソコンを乗っ取って
    執筆を始めちゃう繁ばあちゃんやら、家の人たちのエピソードも楽しくて。
    村の平均年齢60歳、娯楽は何もない超過疎の村。
    都会っ子でへたれだった勇気が活き活きと働ける理由もわかるなぁ。

    “自分が死んでも、あとを生きるひとが幸せでありますようにと祈って、神去村のひとたちは山の手入れをしつづける。その信頼こそが、愛ってやつじゃないのかなぁ”

    すぐに結果が出るわけではない林業という世界。
    自分の子の世代、孫の世代に引き継いでいくことを前提として、
    日々地道な山の手入れをする。
    そんな暮らしの中で神去村の人たちが当たり前にすりこまれている意識が、
    ハイスピードで流れていく現代の人と離れていて、素敵だなと思った。

  • 子供の頃訪れた事のある父の田舎は
    今考えてみると、
    何もない辺鄙な山村であった。

    でも、
    当時の私には、不思議と
    何もかもあった(いた)という嬉しい記憶しかない。

    この矛盾は一体何??
    ここ神去村にて、しばらくの~んびり過ごしてみたら、
    何かその謎が、解けた様な気がした。

    何もない、といえば、
    この神去村にも、便利なコンビニ、スーパー、娯楽施設や病院、
    便利な施設はなにもない。

    でも、山はある。
    木々や緑なら溢れんばかりにある。
    だから
    (ここは居心地いいね。)と、神ならば居つくのかも。

    (神が去った村、とは言うが、
     その辺りの事情は、話術巧みなおばあが話してくださる。)

    神と共に
    緑と共に
    あと、少ない住人だからこそ、関わりの深くなる村人達と共に
    生きる時間の
    やぁ、
    面白き事♪
    たくましき事♪
    ときめく事♪

    読書中は村の綺麗な空気をすぅすぅ吸っていたので、
    読後は酸素カプセルから出てきたような清々しさ。

    夏休みを終えての帰宅後、久し振りに会った友人達から
    「何か、MOTOちゃん変わったね。」
    と、言われた。
    何故そう言われたのかが、今頃になってわかった様な気がした。

  • 百年後を見据えて、百年前の先祖を思って毎日を暮らしていく。
    そんな大きな繋がりを感じて読み終えた。
    ちょっとエッチでちょっとホロっとさせられる物語でした。

    平野勇気、18歳。
    フリーターで食っていくはずが三重県の林業の現場にいた。
    個性的な住民に刺激を受けながら成長していく。

    勇気の話より沁み込んだ話がある。
    ヨキさんとみきさんとの結婚に至る話。
    ヨキさんが語る不幸な日の話。
    楽しいし深いし哀しいし…そして、強い。
    山とともに生きていくと決めた男たち、女たちの心持ちが気持ちいい。

    私は海が好き、でもこの本がキッカケで山を見る目が変わったかもしれない。
    山もいいなと思えた、いいなと思える世界が増えることは幸せなこと。

    残念だったのは各章ごとの勇気の日記?の締め方。
    締め方が違っていたらもっとステキな小説に感じたと思う。

  • 面白かったー。
    「夜話」で「やわ」と読むんですね。=よばなし=かと思っていました。

    でも「日常」程の爆笑はなく、どちらかと言うと…
    少し生々しい「あだると」なお話と、過去の秘密で泣けた。


    江戸時代ほどではないけど、神去村は夜もストレートすぎるw
    もぅ…ヨキとみきさんが。。。(/ω\)
    一部あだると過ぎて赤面しつつ読みました。


    でも田舎って本当に生活やプライバシーや人権保護?が
    大変で、近所付き合いも濃いから面倒くさいし
    (若いころはそれがたまらなく嫌だった)
    「こんな村嫌だー」と吉幾三並に主張したけど
    離れてみると、懐かしさを感じる。
    「講」も出てくるのでびっくりしたり。(どこでもあるのね)


    いいなぁ~と思ったのが稲荷神社。もめごとが起こる前に
    解決できるというのが素晴らしい。
    うちの田舎はこういうの無理なくらい、色々あったからねー。
    平和が一番です。


    そして勇気君!がんばった甲斐がありましたね!
    本当によかったね。

    続きが気になって仕方がないのであります♪

  • 2012年、読書ライフの最後に読んだ本。

    今年もいろいろあったなあ……と、しみじみ一年を振り返った。
    2月の初めにこのブクログと出会い、これで読書日記を作ればよいのかと思い、熱中した三日間。
    当初は読んだ本全部を登録し、少しずつレビューを書いていこうかと思ったのだが、登録だけでもかなり時間がかかるので、登録自体は途中で断念。
    ただし、あの寒い時期、何故かテンションが高く、長文のレビューを書くのに気合が入りまくって、狂ったようにいろんなレビューを書いていた。
    さらには「談話室」に回答やらコメントやらを書き込んだりもして。
    楽しい毎日だったなあと。

    さて、この本は「神去なあなあ日常」の続編。
    過疎の山村“神去村”に住み込んだ青年勇気の、その後一年間の出来事が綴られている。
    “なあなあ”と、ゆっくり、気楽に生きている神去村の人々とそれに溶け込んだ勇気。
    惚れた女性教師直紀さんとも、徐々に親しげな仲になっていく。
    この二人の関係はどこまで進んでいくのかと、前作同様わくわくしながら読み進めた。
    過疎で娯楽の少ない村といっても、好きな女性や魅力的な人たち、健気な犬、素直な小学生など、これほど飽きないキャラクターに囲まれて生活できれば、それほど退屈しないだろうと思える。
    都会では味わえない神去村のイベントも、独特の楽しみが伝わってきて楽しい。
    最終章、直紀さんとのいきなりの急展開が繁ばあちゃんの仕業だと分かった時には笑った。
    最後まで、面白おかしく、ほのぼのとする話で、とても楽しく読ませてもらった。
    娯楽のないはずの山村生活を、ここまで興趣をそそる話に仕上げた三浦しをんさんに拍手。
    今回「夜話」となっていたのは、色恋などの大人の話が多かったからだね。
    続編も楽しみに待ちたい。

    追記:オオヤマヅミさんのお祭りは、七年に一度行われる”諏訪の御柱祭”がモチーフになっているのかな。
    私も数年前、実際に見に行きましたが、なかなかの迫力です。
    あれも確かに死人が出たりしますからね。
    それでも先頭切って、落ちていく杉の大木に乗ろうとする山の人たちはすごいなあと。

  • 久しぶりに帰ってきました神去村。
    勇気のテンション高い一人ツッコミもそのままに、あっという間に以前の雰囲気に戻って来れる。

    自然を、八百万の神を大切にし、なあなあで暮らす人達。
    新たに語られる皆の姿に、この村の人達をきっともっと好きになる。

    村や自然と一体になりながら成長していく勇気。
    そんな勇気の語る「愛」に共感を覚える部分もありながら、直紀との可愛らしい恋の行く末にほっこり。

    神去村に居るような、何か大きなものに守られているような、
    そんな不思議な安心感に包まれながら、笑えて、幸せで、温かい気持ちになれた。

  • やあ、みんな。ひさしぶり!神去なあなあ日常の続編ですよ。

    ってこんなノリだったっけかね、とやや戸惑ったものの
    すぐに懐かしい何かと再会したような気持ちになりました。
    前回「林業?」と思いながら読んだらすっごくおもしろくて、
    今回はそのすっごくおもしろかった記憶が残っているので
    ふつうに面白かった感じで何かすみません。
    「日常」読み返したいな。

    今回はよりお山とのつながりが深くなり、すっかり溶け込んで
    驚きにあふれていた前回より、深い部分に触れていくような感じ。
    恋愛事情も、クリスマス事情もおもしろく。
    日本昔話的ファンタジーも、シリアスな過去の出来事も飲み込んで
    全てなあなあと日々の暮らしは続いていく。

  • 全く予想もしていなかった三浦しをん「神去なあなあ」の続編が出たのでビックリするやら嬉しいやら。まさかこの日本初の「林業」小説がシリーズになると期待していなかったし、三浦しをんの唯一のシリーズものと言えばお笑い「まほろ駅前」シリーズだけだと思っていたので年末を前に望外のプレゼントだ。

    と、言うわけで買ってから即読破。舞台は三重県の奥深くの山に囲まれた神去村だ。前作では家族に騙されて林業見習いに出された平野勇気が神去村で仕事を学ぶ経緯が描かれる。そして諏訪の御柱祭を彷彿とさせる祭の場面では現実と幻想が一体化したような形でクライマックスが描かれていたのでちょっとばかりファンタジー系の香りもやや交えたものだったが、其処で好き嫌いが分かれるという感じであった。

    本作でも自然を相手にする仕事と云うことで当然のごとく自然を敬う気持ちや何気ない信仰心というものが物語の随所にも出てはくるものの、決してファンタジーでは無い。勇気も村での生活が一年を越え、晴れて正社員に採用されたと言うわけでは無かろうが、神去村の日常生活に根差したというか地に足を付けた形で描かれており「林業物語」から林業を背景にした「青春物語」という形に変貌を遂げより魅力的な小説になっている気がする。

    そしてそれ以上に勇気の周りの登場人物が勝手に動き出したとでも言いたくなるような活躍を始めた感が強い。勇気が居候する林業の先輩ヨギの繁ばあちゃんは特筆物だ。足も歯も悪いと言いながら地獄耳でなぜか勇気のPCのパスワードまで破って中の日記を読んだりするキャラクターが良い。勿論、がさつで愛すべきキャラクターのヨギも思う存分に暴れ回っているし、それ以外の登場人物も個性的な性格で本当に良い味が出ている。

    三浦しをんの最大のウリは男性描写・男性の会話を書かせても男の作家以上に言い回しが自然で上手い。山の仕事に携わる汗臭い男達を描かせても全く違和感を感じさせない上に口調には巧みなユーモアも混ぜ込んでいるのだから「まほろ駅前」のお笑い度数を超えそうな絶賛お勧め本になっている。こうなったら是が非で神去のシリーズ化をお願いしたいものだ。

    一方で、林業で飯が食えるのか、生活として成り立つのか、小説として無理があるのでは無いか?というのは最もな疑問ではあるが「日本の林業を立て直す-速水林業の挑戦」(速水亨、日経新聞社、2012/08)を読むと本当にあるのだ。家業として林業を継いで村人を雇用し(ナント東大卒も居る!)百年単位で仕事の成果を考えている商売だ。「神去なあなあ」を読んでいるとこの速水林業が舞台ではないかとまで勝手に想像してしまうのだが、こちらも併せて読んでもらうと嬉しい。三浦しをんが勝手に創作した世界ではないことが分かるであろう。

  • 『神去なあなあ日常』の続編。

    前作でスッカリ神去村の虜になったので、読むのを楽しみにしていました。専門的知識豊富に書く三浦しをんさんですが、今回は林業のノウハウというより登場人物に比重を置いています。18歳で林業デビューした都会っ子で現代っ子の平野勇気が、20歳となり増々神去村で骨を埋めたいとまで心を奪われていました。

    素朴だけど暖かい三重の方言。野生的な面もある男衆。飾り気がないけど、男気溢れるとこに土地の内外の女性も惚れ惚れ。よくモテルというのにも頷けます。

    霊験あらたかで、日本昔話顔負けの神話も満載の村。そうしたものを信じ大切にしているところにも日本人ならではの伝承を感じ、どこかで懐かしく思いました。

  • 神去村シリーズ第二巻

    今回もなあなあで話がゆったり進みます
    神去村の秘密がゆっくりと紐解かれ、また恋愛もゆっくり前進?!

    キャラがしっかり立っていてとてもいいですね♪

    表紙も美しくて、ステキ
    最終章の神去川だけが黒く流れ、からの表現が表紙とリンクしてていいなぁ、、、

    なあなあ精神、、、羨ましいです!

  • 繁ばあちゃん秀逸! 干からびた桃色ばあちゃんは愛嬌たっぷりです。繁ばあちゃんのモデルはきっと著者のおばあさんですね。今まではエッセイで笑わせてくれたけど、今回は伝説の語り部として大活躍です。
    主人公の勇気は少しだけ林業に慣れてきたけど、相変わらず器がちっちゃくて、周りの大人を実に魅力的に見せてくれます。
    こういうと主人公に対して意地悪っぽいけど、勇気の心が素直で明るいから周りを鮮やかに映し出せるのであって、若さの限界とともにその希少価値を存分に発揮しています。
    おおらかに性と死をかたるためには、昼でなく夜話である必要があったのでしょう。続きが気になります。10年くらいたってから「神去なあなあ明後日」とか出たら面白いんじゃないかと思いますが、続編はないのかな?

    「面白い」といえば、神去村のクリスマス風景は、なあなあ感満載で笑えます。通勤読書にこの本を選んだ人は吹き出さないようご注意ください。

  • 今作は短編集。前作ほどの面白さはないが、一話一話それぞれが楽しめました。直紀と勇気の恋の進展もじわじわとあります。

  • 清一さんとヨキコンビが好きだ
    勇気、勇気出して直紀さんを落とすんだ!(笑)
    営みの中で、楽しいことも、悲しいことも、恐ろしいことも、心あらわれることもいっぱいある。
    いろいろな人の、いろいろな気持ちを受け止めて、山はある
    信仰がなくなったら神様はいなくなってしまうんだけれど、山には、神去村にはけして神様はいなくならない

  • 続編。今回も面白かった。映画が楽しみ。でも、直紀と付き合うとは思わなかったなぁ(笑)。

  • 安定のおもしろさ。安心の空気感いいなぁ。こんな暮らしがしたいなぁ。
    みきさんとか理想の暮らしだと思う。村に実家があって、大学だけちょっと都会に出るんだけどまた村に戻って専業主婦!いいないいなー
    最近自分的にホットな 愛 が的確に表現されていてさすが三浦さん!と膝を打つ。自分がもうすぐ死ぬとして、できるかぎりのことをその人にしてあげたいと思うこと。今回は全体を通して愛のはなしだったなぁ。あと神様の役割。みんなが信じているという空気を作ることで、それが本当になる。むかしのにほんは、よくできていたんだぬぁ。ほんとにいい、なあなあな空気感!

  • 図書館の新着図書コーナーで見つけた。
    前作、『日常』の存在すら知らずに読み始めたが、十分に楽しめた。
    『日常』は文庫化されているとのことなので、購入して読みたい。

    昔話にうるっときた。
    クリスマス話では、声を出して笑ってしまった。

    映像化するなら、映画より、テレビの方がいいな、と思う。
    こういう作品がきっかけで、都会の若者がどんどん地方に出てきてくれれば嬉しい。

  • あいもかわらず、勇気はめんこい。
    「なあなあ」の村の人々の、温かさも読んでいて気持ちが良い。

    今作は、林業に奮闘する勇気の話というより、タイトル通り「夜話」なので、村のルーツに、村の人のお話が読めて、神去村ワールド満載。特に、村の名前のお話には、ほろりと来てしまった。よくもまあ、こういった想像ができるものです、しをん女史。

    続編としてはとても面白い出来!今後もシリーズ化希望作品。

  • 三重県の山奥で、林業に取り組む平野勇気、二十歳。神去村の起源、住人の暮らし、もちろん恋にも、ぐいぐい迫ります。お仕事小説の旗手が贈る、林業エンタテインメント小説の傑作。
    「BOOK」データベース

    「BOOK」データベースのレビューはあっさりした感じだが、私的には静かに熱い!
    これこそ映画化してほしい.

  • なるほど、こういうお話だから「夜話」なのね。しをんちゃんは下ネタもサッパリしていていやみがない。楽しんで読んだ。これはシリーズ化されるのかなあ。映画かドラマになっても面白そうだけど、例の祭の再現が難しいかも。

全593件中 1 - 25件を表示

神去なあなあ夜話を本棚に登録しているひと

神去なあなあ夜話を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

神去なあなあ夜話を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

神去なあなあ夜話を本棚に「積読」で登録しているひと

神去なあなあ夜話の作品紹介

辞書作りや、林業など地味な仕事を面白い小説に仕立てる天才・三浦しをんがふたたび神去村の日々を描く。 林業お仕事小説!

ツイートする