浮かれバブル景気から衰退させられる日本

  • 63人登録
  • 3.43評価
    • (4)
    • (4)
    • (13)
    • (2)
    • (0)
  • 11レビュー
著者 : 副島隆彦
  • 徳間書店 (2013年3月28日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (263ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198635923

浮かれバブル景気から衰退させられる日本の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【分類】338.9/So22
    社会科学のコーナーに並んでいます。

  • この人の本はストレートで、分かりやすくて、良い。

  • 数年前まではぶっとんでなー
    と思っていたけど、まともなこと言ってる気がする。 やっぱり振り切れてる感否めないけど。

    巻末のおすすめ銘柄は割と王道銘柄ばかりだったな。自分が持ってる銘柄か?笑

  • 50兆円を安部首相がオバマに貢ぐという日米密約で幕があく。副島氏が見聞きしたことを徒然なるままに書き記す展開。高橋氏がいう日本政府の隠し資産はほとんどが米国債であり、もはや日本に返ってくるお金ではない。大切な水の汚染を伴うシェールガス革命は決してうまくいかない。国債市況の暴落による財政破綻の顕在化は2014年から起き始め2015年には日本の長期金利も2~3%に上昇。アメリカはそれを上回る4~5%など。いずれも興味深く読んだ。予測を外すので著名な副島氏であるが、金価格は見事に下げており今回も期待に違わずしっかり外している。お見事。さりとて日本は経常収支も赤字という債権取り崩し国家の段階に入っているのは事実。債権暴落の凶事もできれば外してもらいたい。人類の叡智を信じたい。

  • アベノミクスの分析で、現在はバブル、アメリカとの密約、アメリカ経済の内情と破綻、シェールガスの不安等、現在の情報の嘘(と筆者は書く)をことごとく粉砕、株価・金価格の予想は、外れてはいるが、ワンパターン報道と一線を画する、今後の予見は参考にすべきか。

  • 2013/9/11:読了
    アメリカに国債を買うことで、日本が簒奪されている。
    シェール革命も詐欺。
    という内容。
    このままアメリカがつぶれれば、その通り。
    アメリカが息を吹き返せれば、判断は間違っている、と言うこと。

    本の最後の章に、金価格の動向があるが、本の内容に関係ないじゃん。

    2013/12/03:二回目
    あれ、二度目だ

  • やや言っていることが極端と思うが、ここまで考えていた方が良いとも思う。また、「TPPは韓国のFTEをみても分かるように、(進出した米企業が予定通り収益をあげられなかった場合、競争相手を訴えられる)をみても分かるように、ボッタクリバーだと。」の様に、胆に命じなければならないことも、いくつかある。
    しかし文章が下品なので、著者に好印象は抱けない。
    日系株価など予想を大きく外しているところもあるが、ぼゃっとした事しか言えないアナリストよりは良い。

  • 決してテレビの解説者や新聞の論説委員ではしゃべったり、書いたりできないことがてんこ盛りに書かれている。

    アメリカの経済統計に一喜一憂しているマーケットを眺めていると、不思議とこの本に書かれている内容がしっくりくるのが情けない。

  • 確かにアベノミクスなる造語が突然出回ってきて、何が変わったわけでもないのに、景気が良くなったような雰囲気にさせられている違和感はあるので、この本を読むと妙な納得感がある。あまり財産持っていないから、悩む必要もないですが、住宅ローン借り換えなきゃ。。。

  • 副島氏は思い切りよく経済の将来動向を予言してくれるので、彼の本は以前からよく読ませてもらっています。一貫して主張されているゴールド価格の上昇についてはその通りになっていますね。現在アベノミクス効果で調子の良さそうな日本株は、参議院選挙後には今の勢いをなくす、というのはなんとなく理解できる内容でした。

    この本で特に印象に残ったのは、シェールガス(オイル)の将来性に疑問を投げかけている点です。アメリカ経済はシェールガスによって蘇るという本が出ていて、私の希望もあり信じたいのですが、彼は「失敗する」と言い切っています。本社から日本へくる彼らにそれとなく聞いてみても、みな微妙は答え方をするのは、そうなのでしょうか、今後の動きには注意したいと思いました。

    今年初めの神田氏のブログで、2013年は前半の過ごし方(参議院終了まで?)と、後半の過ごし方は異なったものになる、と言っていた内容が、この本の内容を読むことによって少しイメージできた感じがしました。

    また、ずっと不思議に思っていたのですが、今年の2月後半から急に円安になった理由もわかり(p65)私にとっては興味深い本でした。

    以下は気になったポイントです。

    ・阿倍首相が「おみやげ外交」で差し出した50兆円で、アメリカの国家財政危機はとりあえず半年先に延びた(p15)

    ・今、日本国内で議論されているのは、すでに初めの50兆円ではなくて、次の50兆円の話である、最後の虎の子である郵便貯金(合計200兆円、すでに40+50兆円は転換済)のお金である(p28、54)

    ・阿倍首相はオバマ大統領との会談(2013.2.22)で、1)為替市場、2)日本の株式市場、3)日本国債、4)不動産市場、についてアメリカが売りを仕掛けないようにと、50兆円との引き換えにお願いした(p38)

    ・サハリン天然ガスを、パイプラインで回してウラジオストクで液化してそれを新潟まで運んで日本で溶かすという方法で合意した、しかし直接パイプラインで結べば安上がり(p48)

    ・日本政府は密かに600兆円程度の米国債を買いこんでいるが、表に出ているのは1.3兆ドル(130兆円)程度(p56)

    ・円の為替が1ドル80→96円になったのは、米国債購入のために円資金を売っているから(p65)

    ・全国の県庁所在地にあった明治時代からある農林中金の建物は次々と売られている、55兆円のうち25兆円がリーマンショック関連で飛んだから(p71)

    ・TPPの一つに、「進出したアメリカ企業が当初の予定通り収益を上げられなかったら、競争相手の韓国企業をNYで訴える(審理は非公開)ことができる」というものあり(p80)

    ・日本は2013年にも経常収支赤字国に転落しそう、2010:17.9→2012:4.7兆円になっているので(p106)

    ・消費税は赤字法人でも払わなければならない、実質は「売上税」である、住民税と同じように外税、中小企業は負担が重くなって倒産が増えるだろう(p159)

    ・シェールガスは地下3キロも掘らないと採取できない、人間が生きるために必要な水を汚染するような技術は長続きしないだろう(p203)

    ・金は一時期、1500ドル(4800円)程度になるかもしれないが、そこが買い場である、いずれ1万円を超えることになる(p214)

    ・今でも政府間では、各国の中央銀行が米ドルで35ドルのお札を出したら、FRBは必ず1オンスの金地金に換えなければならない、実際には50分の1になっているが(p227)

    ・ワンルームマンション投資は絶対にすべきでない、利回りが予定通りいかない(p235)

    ・金購入時の取得価格が不明であれば、概算取得費として、売却価格の5%を取得費とみなされる(p237)

    2013年4月6日作成

全11件中 1 - 10件を表示

副島隆彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
古賀 茂明
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

浮かれバブル景気から衰退させられる日本はこんな本です

浮かれバブル景気から衰退させられる日本を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

浮かれバブル景気から衰退させられる日本を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

浮かれバブル景気から衰退させられる日本を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする