ドキュメント電王戦: その時、人は何を考えたのか (一般書)

  • 93人登録
  • 4.04評価
    • (6)
    • (17)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 15レビュー
  • 徳間書店 (2013年8月29日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198636586

ドキュメント電王戦: その時、人は何を考えたのか (一般書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • う~ん、第二回のまとめっぽいのかな?

    そんな本です。

  • 海堂尊 第2回電王戦観戦記

  • 第二回電王戦のドキュメント/インタビュー。棋士と開発者そしてニコニコ動画が何を考えていたかを様々なインタビューを組み合わせて浮かび上がらせている。コンピュータに敗れた棋界の将来について議論は尽きないが、渡辺竜王の「自分が負けることは想像出来るが、自分が全く勝てないコンピュータも想像出来ない」という台詞が印象的。
    将棋を知らなくても面白い!かどうかは分からないけど、日本人にとって人間と人工知能の分水嶺になった出来事として読んでおいて損は無いんじゃないかと。

  • 関係した人のそれぞれの立場での感想・コメントが非常に面白く読めた。

  • 将棋にもソフト開発にも詳しくないけど興味深く読めました。
    インタビュー=話し言葉だからか、棋士の方・ソフト開発の方それぞれの意気がダイレクトに伝わってきた気がします。
    敵視とかなく、互いに敬意をはらっているのがよくわかって良かったです。

    奇しくも読み終わったのが第三回電応戦の初戦の日。
    前回唯一負けたソフト「習甦」が今回は勝ったみたいで「よかったね」と思う部分もある反面、残念に思う部分もあり…本書を読んでどちらにも肩入れしたくなってしまったのが悩ましいです。

  • 第二回電王戦に関わった28名のインタビューやコメントを集めた一冊。コンピュータ将棋の基本や歴史も簡単にまとめられてて、ここから読み始める人にもわかりやすい。

    米長元会長の攻撃性を継いだのが塚田九段、立場と勝負に拘ったのが三浦八段、というのもよくわかった。将棋というゲームの究明と勝負ごとのどちらによりウェイトをかけるかの違いも、人それぞれであることも、よくわかる。
    コンピュータ将棋の開発者を除くと、インタビュアー含めてやや年配の方の方が、コンピュータ将棋にロマンティックなイメージを持っていて、600台も繋ぐのは、とか、第4手に人の手が入ったのは、おかしい、とあるのも、考え方の違いが浮き彫りになっていておもしろい。プロ棋士から見ると、コンピュータの方が道に正直で身内に甘い、というのもおかしかった。外からではわからない声が聞けたのも収穫。
    トップの開発者でもなく、厳しい勝負事に生きてるわけでもない自分は、共感よりは情報を仕入れたという感じではあるけど、唯一GPSの金子氏が、当日は勝ち負けよりも無事に大役を果たした安堵でいっぱいだった、というところには共感。失敗が許されない運用現場では、とにかくシステムを無事に運用しきることに精力を注ぐのはわかるなあ、と。

    今回の一戦は負け越しになったけど、これで完敗ではなくて、まだこれからの可能性を感じている人達が多くて(伊藤氏はもうミッションコンプリートかな、と仰ってるけど)、次回も楽しみになる。

    最後に。ここに書かれているコメントを読めば、みんな真摯に向かい合ってることが伝わるのに、それを、解せずに開発者を貶めるような発言があってもめてしまったのは残念な限り。

  • 将棋を知らない人にも面白く読めた。人間にとってコンピュータの対自の仕方の様なことも考えさせられた。そして何より棋士の個性も5者5様で興味深かった。

  • 完全情報ゲームは本質的に暗算と変わらない、ということになってくるのか。生きてる間に、将棋がマッチ棒パズルと同じものに位置づけられるのか。
    人は、ツキとか流れといった、ロジック的に排除されるものに超人的要素を見出さないといけなくなって来るのか。

  • コンピューター将棋vsプロ棋士の5対5にまつわる関係者(棋士、開発者、解説者、羽生、ドワンゴ社長)のインタビューにより様々な人間模様やこの勝負にかけたそれぞれの意気込みが伝わる。特に一年前に戦った故人の米長永世棋聖/会長の将棋界の立て直しと後世にかける意気込みには感動。
    結果は人間側の一勝三敗一引き分けで終わり、先鋒の若手のみが勝ち、A級棋士も負けてしまった。この10年特に、ボナンザが全幅探索、機械学習を採用しそのソースコードを公開してからソフトのレベルが大幅に改善、700台のPCを連結したGPS将棋は解説者からも悪手がなかったと評されるほど。羽生さんはソフトと公式に対戦する場合は一年通常戦線の離脱による準備期間が欲しいとするくらいである。

  • コンピュータと人間の将棋バトル、もうコンピュータが人間を超えるのは時間の問題という一方で、将棋の持つ品格、棋士としての誇りはどうやってもコンピュータは身に着けられないんじゃないかと思うし、コンピュータに負けることで敵視するのではなく、コンピュータと共存し、活用しながら究極の一手を目指す、という流れが生まれてくるのだろう。

全15件中 1 - 10件を表示

夢枕獏の作品

ドキュメント電王戦: その時、人は何を考えたのか (一般書)はこんな本です

ドキュメント電王戦: その時、人は何を考えたのか (一般書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ドキュメント電王戦: その時、人は何を考えたのか (一般書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ドキュメント電王戦: その時、人は何を考えたのか (一般書)を本棚に「積読」で登録しているひと

ドキュメント電王戦: その時、人は何を考えたのか (一般書)の作品紹介

現役プロ棋士と最強コンピュータソフトによる第2回将棋電王戦。人類vs機械の頭脳戦という破格の戦いは、ニコニコ動画で生放送され、多くの注目を集めた。結果は人間側の1勝3敗1引き分け。TV・新聞でも報道された裏側で、人間たちは何を考えたのか。対局した棋士、ソフト開発者、将棋を愛する小説家・漫画家など、さまざまな形で今回の対局に関わった者達が語った大会の全貌。将棋界に限らず、人間と機械との関係をも考えさせる刺激的な1冊。

ツイートする