横浜黄金町パフィー通り (文芸書)

  • 26人登録
  • 3.17評価
    • (0)
    • (1)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 阿川大樹
  • 徳間書店 (2014年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198638092

横浜黄金町パフィー通り (文芸書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 京浜急行黄金町駅高架ガード下の通称パフィー通りを舞台に、写真を撮るのが趣味な女子高生に、地域の古老が戦後の歴史、特に封鎖が決まってからの出来事を語るスタイルを取って、町づくりが生んだ人々の絆を描く。

  • (リリース:うららさん)

全2件中 1 - 2件を表示

阿川大樹の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

横浜黄金町パフィー通り (文芸書)はこんな本です

横浜黄金町パフィー通り (文芸書)の作品紹介

横浜・黄金町。「ちょんの間」と呼ばれる小さな風俗店が立ち並ぶ“行っては行けない町”が“アートの町”に生まれ変わった! 撮影場所を探して偶然黄金町に足を踏み入れたカメラマン志望の女子高生・志織は、パンクカフェのマスター・山名を通じ、この町の歴史に触れることに。昔からの住民、新たにやってきたアーティストたち――それぞれのこの町への思いが、志織の心を次第に動かしてゆく。実際に黄金町で暮らす著者が贈る、新しい町づくりの物語。

ツイートする