ちびのミイがやってきた!: ミイのおはなしえほん

  • 33人登録
  • 3.33評価
    • (3)
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
  • 4レビュー
制作 : Tove Jansson  Sami Kaarla  Riina Kaarla  もりした けいこ 
  • 徳間書店 (2014年6月18日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (1ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198638207

ちびのミイがやってきた!: ミイのおはなしえほんの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 4歳の娘用に。
    最近、ムーミンやみいの食器で存在を知ったのでこちらの本を図書館で借りてみました。
    みいがムーミンの家に住んでいるなんて知らなかったのですが、どういう経緯でムーミンたちの家に住むことになったのかが書いてある本でした。
    ちょっと意外なお話でした。

  • ミムラ婦人の娘たちにふりまわれるムーミン一家の様子におもわず同情してしまいます。

  • 人が来て、歓待するのは、いい事だね~

  • ミイを見る度に思い出す子がいます。中学生のときの同級生です。もう何年も会っていません。元気にしてるのかな。ミイと違っておとなしい子なのですが顔が似てるんですよね。

    夜に躾ができていない17人の子ども達と一緒に人の家へ遊びに行くなんて、どうかしてるぜ。

    そういえばミイとスナフキンが姉弟というのは本当なのかな。

全4件中 1 - 4件を表示

トーベ・ヤンソンの作品

ちびのミイがやってきた!: ミイのおはなしえほんはこんな本です

ちびのミイがやってきた!: ミイのおはなしえほんの作品紹介

ある晩、ムーミンやしきに、ミムラふじんが17人のむすめたちをつれてやってきました。ミムラのむすめたちは、フローレンのへやをぐしゃぐしゃにして、ムーミントロールのベッドを占領してと大騒ぎ。なかでも、一番ちいさなちびのミイはすき放題! 3日後、ようやくミムラふじんたちは帰っていってきましたが…? ちびのミイがムーミンやしきでくらすようになったお話を、ムーミン・キャラクターズ公認イラストレーターが新しい絵本にしました。

ツイートする