2015 世界大恐慌の足音が聴こえる (一般書)

  • 34人登録
  • 3.75評価
    • (3)
    • (5)
    • (3)
    • (0)
    • (1)
  • 3レビュー
著者 : 大竹愼一
  • 徳間書店 (2014年9月8日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (251ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198638474

2015 世界大恐慌の足音が聴こえる (一般書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 【分類】333.6/O82
    社会科学のコーナーに並んでいます。

  • すごい

  • 2015年予測本はひと通り読むようにしていますが、こちらの1冊は知っていることばかりなので、自分にとっては残念ながらあまり参考にならずです。

全3件中 1 - 3件を表示

大竹愼一の作品

2015 世界大恐慌の足音が聴こえる (一般書)はこんな本です

2015 世界大恐慌の足音が聴こえる (一般書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

2015 世界大恐慌の足音が聴こえる (一般書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

2015 世界大恐慌の足音が聴こえる (一般書)の作品紹介

日本の経済新聞の落とし穴は記者に大局観がなくユダヤ人が経営する外国大手の報道を真に受けなんら疑問を挟まないことである。従って常にユダヤ人の罠にはめられ日本人向けに誤った記事を書く。そしてそれを読んだ日本人は大損をする。著者はその悪魔のサイクルを断ち切るべく米国に住み来日時に全国の日本企業を取材し自分の眼で確認したことを書く。トップクォーターたるゆえんである。その著者が2015年の不吉な予兆を詳述する。

ツイートする