傀儡に非ず (文芸書)

  • 40人登録
  • 3.27評価
    • (1)
    • (4)
    • (8)
    • (2)
    • (0)
  • 5レビュー
著者 : 上田秀人
  • 徳間書店 (2016年3月9日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (346ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198641245

傀儡に非ず (文芸書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 織田信長って人は色々な評判がありますよね。

  • 大河の官兵衛での村重しか知らなかったので、この村重の裏切りがびっくり。お調子者で上手く立ち振る舞ってたのに急に裏切ったという印象だったのに頭の先から足の先まで戦国武将だった。歴史って…

  • 戦国時代。織田信長に使えた摂津の小大名、池田村重の物語。領土を守るため、織田信長の理不尽な要求に応えて来たが、足利将軍、義満(だっけ?)の暗殺を命令され、叶えられずとうとう、織田信長に一族を殺される。
    なんとも厳しい世界。
    歴史の中では、結構埋もれがちな、小大名(細川とか、六角とか)の物語も面白い。それぞれそれなりの力がありながら、圧倒的な力に負ける。服従するか、反抗するか?間が無いのがつらい。

  • 戦国時代の武将、荒木村重が主人公である歴史小説です。戦国時代には多くの有名な大名いる中で、この本を読むまでは、荒木村重という名前しか知りませんでした。

    時代背景は、織田信長が尾張を統一して、その周りの国も統一して大きくなり始めた頃になります。私達の知っているのは最終的に戦国時代を残ることができた大名ばかりですが、その大名のハザマで、中小の大名はどの大名につくかを真剣に考えています。その中での下剋上なのですね。この本を読んで、下剋上や今まで仕えていた殿様を追放するのも理解できました。

    以下は気になったポイントです。

    ・二千貫とは、米で四千石となり、兵を二百人ほど抱えていることになる(p16)

    ・戦況が悪くなれば、足軽は逃げる。戦のたびに領地からかり出される百姓である。これを領主は咎めなれなかった、それをすると田畑の耕し手を失ってしまい年貢が減る。敵方も反抗しない限り、見過ごされた(p41)

    ・信玄公には天下人に足りないものがある、地の利である。甲斐は京に至るまで、どれだけの大名を切り従えなければならないか(p60)

    ・武士ではなく、百姓が支配する領土、これは戦国大名にとって決して認められるものではなかった。朝倉義景は何度も一向一揆と戦った(p65)

    ・三好長慶の最盛期は、阿波・淡路・摂津・和泉・讃岐・山城・播磨と河内の一部を手中にした、与力する大名の勢力圏として、近江・若狭・伊賀があり、ほぼ畿内すべてを勢力下においた(p74)

    ・兵は一日に5合のコメを食べた、6万人とすると、1日に三万升、1か月で9千石、米以外の味噌・塩・漬物を換算して加えると、一万石を超える(p75)

    ・挟み撃ちにしておきながら信長を打てなかっただけでなく、被害を与えられなかった、浅井・朝倉の武名は落ち、殿を務めた、羽柴・明智・徳川・池田の名をあげた(p119)

    ・泰平を守るために必要なモノは、力ではなく、明日が確実に来るという安心感である(p187)

    ・領地を保護してもらう代わりに、軍役を請け負うのが決まりであった、もし出兵に代償を要求すれば、己の領地が敵に襲われた時の経費は負担しなければならなくなる。いざという時に守ってもらうためには、赤字であろうとも兵をださざるを得ない(p189)

    ・足利義輝は、京を追い出されてから、より熱心に大名との連絡を取った。九州の大友を筑前、豊前の守護に任ずるなど、他には、上杉信玄輝虎を始め、伊達輝宗、毛利輝元など、有力な大名に将軍の名前の一文字を与える偏諱を多発した。貰った大名は当然、足利義輝に恩を感じる(p208)

    ・信長は莫大な富により、本来は農閑期に徴兵する百姓を農作業から分離し、絶えず利用できる兵にした。これにより十分な練度をあげられるようになり、弱い尾張兵を鍛え上げた(p211)

    ・石山本願寺が手強いのは、「死ねば極楽に行ける、この辛い現世から解放される」と僧侶が保証している。武士は命が惜しい。一揆の衆を倒しても手柄にならないというのもあった(p251)

    ・普通の戦いでは、経験の浅い者、場の流れを読めない者から死んでいった、しかし、雑賀衆との戦いでは、勇猛果敢な者から鉄砲で打ち抜かれていった(p267)

    ・軍勢を率いて他国の領土を通行するには、名分とその他の大名の許可が要った。なしで入れば侵略となり戦いが始まる、これを防ぐのが、公儀・幕府の命であり、将軍の求めである。将軍の要請で上洛する軍勢の邪魔をするのは、謀反と同じであった(p331)

    2016年6月19日作成

  • 松永弾正、荒木村重、明智光秀。この三人を信長がどういう風に使おうとしていたか、そうして結果どうなったかを面白い視点で描いた歴史小説。この解釈だと確かに黒田官兵衛に対する荒木村重の行動や明智光秀の謀反に説明がつく。地盤の弱い武将の、乱世の渡り方を描いた面白い本でした。えらいことマイナーな武将を持ってきたなあと思いましたが、将軍を殺した逆賊の汚名を避けた信長が、村重にその汚れ役を押し付けようとしたとか大胆すぎる策だったとは驚き。歴史小説好きに割とお勧め。

全5件中 1 - 5件を表示

傀儡に非ず (文芸書)のその他の作品

傀儡(くぐつ)に非ず Kindle版 傀儡(くぐつ)に非ず 上田秀人

上田秀人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

傀儡に非ず (文芸書)を本棚に登録しているひと

傀儡に非ず (文芸書)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

傀儡に非ず (文芸書)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

傀儡に非ず (文芸書)の作品紹介

裏切りと欺きが繰り返される戦乱の世。天下統一を目指し勇将たちが生死をかけてしのぎをけずるなかにあって、荒木村重の存在は異彩を放っていた。その類まれな知略と胆力は、戦国の雄・織田信長をも惹き付けた。信長の膝下でさらに権勢を拡げる村重。しかし突如として謀叛を企てる。なぜ村重は勝ち目のない戦いを選んだのか。そこには意外な真実が――。合戦に次ぐ合戦。その狭間で織りなされる人間模様。上田秀人が描く、怒涛の戦国絵巻。

ツイートする