銀河英雄伝説〈5〉風雲篇 (徳間文庫)

  • 314人登録
  • 3.92評価
    • (51)
    • (32)
    • (63)
    • (0)
    • (0)
  • 15レビュー
著者 : 田中芳樹
  • 徳間書店 (1997年7月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (392ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198907174

銀河英雄伝説〈5〉風雲篇 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • ヤンのプロポーズにドキドキ。

  • 遂にヤン、ライハルト両者の全面対決が描かれる本書。
    1ページ1ページが熱い。

    「闇が濃くなるのは、夜が明ける直前であればこそ」
    好きな台詞の一つ。

    吉岡平という人が解説を書いているが、さらりと今後の重大なネタバレをしやがっている。
    解説でネタをバラすとは最低だと思うのだが。
    こんな解説を載せて発刊する出版社もどうかしてるな。

  • やっぱりヤンは、すごかった。ミラクル・ヤン。ヤン・ザ・マジシャン。

  • まさに"風雲"な内容でした!

    4巻の流れを引き継いで、帝国が同盟を征服するために戦いを仕掛ける。ヤンはイゼルローンを捨てて、バーミリオン星域会戦にてラインハルトを迎え撃つ……的な流れ


    ヤンのプロポーズ!フレデリカさんおめでとうございます。よかったよかった(^v^)

    よかったんだけど…今回は帝国と同盟が今までにないほど大きなぶつかり合いをしたから、一般兵の死傷者も多くて、文章読みながらグロいなって思った。
    銀英伝は戦争の規模が大きいというか、こういう名前のない人のことも書かれているから、主要人物だけよければいいっていうふうに見れないです。名前のない人もちゃんといたということ、忘れないでいよう。

    コーネフが戦死したのもショックだったかも…ポプランといつもペアだと思っていたから、片方がいなくなった時の喪失感ってポプランにとっても大きいんだろうなって→キルヒアイスぅぅぅ(涙)

    キルヒアイスの代わりちゃあ、代わりにしてるのかな?でもエミールが出てきてくれてよかった。最近のラインハルトは怖かったけど、エミールには優しいみたいなので、ほんわかします。ヤンにとってのユリアンみたいな立ち位置なのかな?とも考えてみたり。

    5巻になって大きく歴史が動いた―

  • 二人の主人公が対話をする場面は読み応えがあった。

  • ラインハルトとヤンの決戦に息が詰まりました。
    意外ではあるけど、ヤンらしい結末に、納得もしました。

    ヤンの求婚、ラインハルトとヤンの会談など、見所たくさん。

  • ヤン艦隊のイゼルローン脱出、ランテマリオ会戦、ヤン艦隊の連戦からバーミリオン会戦(笑)ヤンのプロポーズ(笑) バーミリオン会戦に向けての話は何回読んでもドキドキする(笑)バーミリオン会戦でのミュラーの奮戦は良かったな(笑)ロイエンタールの野望に火がつき始めた感じがいいな。


     1997年7月10日購入

    削除

  • ようやく折り返し地点が見えた第5巻。夜逃げ〜バーミリオン会戦〜皇帝万歳!パン屋の二代目とスーン・スールの登場、そしてきな臭くなっていく地球教の存在。帝国・同盟・フェザーンの拮抗が崩れた今、宇宙はどうなっていくのか…。「フロイライン、私は戦いたいのだ」

  • 【解説】 吉岡平

  • ヤン・ウェンリープロポーズをする。

全15件中 1 - 10件を表示

銀河英雄伝説〈5〉風雲篇 (徳間文庫)のその他の作品

田中芳樹の作品

銀河英雄伝説〈5〉風雲篇 (徳間文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

銀河英雄伝説〈5〉風雲篇 (徳間文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

銀河英雄伝説〈5〉風雲篇 (徳間文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

銀河英雄伝説〈5〉風雲篇 (徳間文庫)の作品紹介

フェザーンを占領し、宇宙統一の野望を一歩前進させたラインハルトは、同盟へ向けて進攻を開始した。元首なき同盟では、イゼルローンにいるヤン・ウェンリーに局面打開を一任する。イゼルローンを捨てる決意を固めるヤン。ついに巨大要塞は帝国軍の手に墜ちた。だがラインハルトの攻撃はとどまらなかった。ヤン・ウェンリーを倒さない限り、宇宙の完全征服はありえないのだ。迎え撃つヤンに秘策はあるか。

ツイートする