南紀白浜殺人事件 (徳間文庫)

  • 20人登録
  • 4.00評価
    • (2)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 西村京太郎
  • 徳間書店 (1999年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (311ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198911942

南紀白浜殺人事件 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 十津川直子が大活躍。
    南紀白浜で行方不明になった人を探しに行く。
    一緒に行った女性が殺される。

    殺されたのが東京の女性だったことと、
    東京で殺された人との関連を探って十津川警部が活躍する。

  • 1999.10.15 初刷 533
    貴女の死期が近づいていることを、お知らせするのは残念ですが、事実です――“死の予告状”を受けとった建設会社のOL・広田ユカが消息を絶った。同僚の木島多恵が、ユカの悩みを十津川警部の妻・直子に相談し、助力を求めていた矢先だった。一方、東京で起った殺人事件の被害者・近藤真一は、ゆすりの代筆業という奇妙な副業を持っていたが、“予告状”が近藤の筆跡と一致し、事件は思わぬ展開を……!?

全2件中 1 - 2件を表示

西村京太郎の作品

南紀白浜殺人事件 (徳間文庫)はこんな本です

南紀白浜殺人事件 (徳間文庫)のKindle版

南紀白浜殺人事件 (徳間文庫)の文庫

南紀白浜殺人事件 (徳間文庫)の新書

ツイートする