襲撃 (徳間文庫)

  • 25人登録
  • 3.08評価
    • (1)
    • (2)
    • (8)
    • (1)
    • (1)
  • 7レビュー
著者 : 今野敏
  • 徳間書店 (2000年10月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (308ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198913892

襲撃 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 武道家で戦えなくなった主人公が整体師をやっている。スポーツ界では有名な整体師になっておりあることで中国マフィアの抗争に巻き込まれていくという話。他のシリーズからしたらあんまり面白くはない。1日で読める。しかし、なぜか空手をやりたくなるのはなぜ?丹田とかつかってみたいw

  • 今野さんお得意の武道系小説。ラストはちょっと呆気なかった。

  • 2008/12/11

  • 整体院の元空手家さんシリーズ。イメージ的にはおっさんなのだが、患者の高校生とか秘書代行サービスの女性から好意を持たれているのが、興味をそそる。(あくまでも実写化(ドラマ)した場合のお話)。今野作品の絡み職業としては裏社会、警察、アジア系が基本となるが、そんなにマンネリ化せず読めるのはさすがである。

  • 「2時間サスペンス」ものになりそうな話の展開ですが、それでも相変わらずこの作家さんの作品はアクションの描写が上手いと思うので最後まで飽きずに一気に読み終わった。

  • 2007.07.08 読

全7件中 1 - 7件を表示

今野敏の作品

襲撃 (徳間文庫)はこんな本です

襲撃 (徳間文庫)のKindle版

ツイートする