神話列車殺人事件 (徳間文庫)

  • 20人登録
  • 3.25評価
    • (1)
    • (2)
    • (3)
    • (2)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 西村京太郎
  • 徳間書店 (2000年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (382ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198913946

神話列車殺人事件 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 西村作品を全部読んだ訳ではないが、自分が読んだなかでは、ベスト7に入る、いい作品だと思いました。
    日本の神話と、その3つの場所(高千穂、筑紫、出雲)を舞台にした壮大な物語。

    日本神話の勉強になるし、
    九州と山陰の地理の勉強になるし、
    鉄道の話が楽しめる。

    亡くなられた人が、なぜ、亡くなってまでしなければいけないことなのかが、少しわからないところがありました。

    人の心、風景の描写が、淡白なのでしょうか。
    逆にだから、飽きないのかもしれません。
    旅行先で軽く読めるのかもしれません。

    人の心の描写が強いと、気になって寝られなくなると困るかも

  • 2000.10.15 初版 571
    探偵社の調査員・日高健介は同僚の湯村亜木子と結婚し、亜木子の希望で九州・高千穂へ新婚旅行に出かけた。が、延岡で乗りかえた高千穂線の車内から、亜木子が失踪してしまったのだ。東京に戻った日高は、亜木子が関っていた調査の続きを頼まれる。ハネムーンで出雲へ向う途中に夫が失踪したケースで、日高は依頼人の君原由美子とともに出雲への旅を辿るため、<出雲1号>に乗り込むが……。傑作長篇。

全2件中 1 - 2件を表示

西村京太郎の作品

神話列車殺人事件 (徳間文庫)はこんな本です

神話列車殺人事件 (徳間文庫)のKindle版

神話列車殺人事件 (徳間文庫)の新書

ツイートする