土方歳三〈3〉新撰組 (徳間文庫)

  • 12人登録
  • 2.33評価
    • (0)
    • (0)
    • (2)
    • (0)
    • (1)
  • 1レビュー
著者 : 峰隆一郎
  • 徳間書店 (2000年10月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (301ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198913960

土方歳三〈3〉新撰組 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 419891396x 301p 2000・10・15 初刷

全1件中 1 - 1件を表示

土方歳三〈3〉新撰組 (徳間文庫)のその他の作品

峰隆一郎の作品

土方歳三〈3〉新撰組 (徳間文庫)はこんな本です

土方歳三〈3〉新撰組 (徳間文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

土方歳三〈3〉新撰組 (徳間文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

土方歳三〈3〉新撰組 (徳間文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

土方歳三〈3〉新撰組 (徳間文庫)の作品紹介

「死ぬまで時間がある。ゆっくりと勤王が何であるかを考えてみることだな」土方歳三は言って刃を拭った。志士の腹から、白い腸がぬるりとこぼれ出した。攘夷か開国か、倒幕か公武合体か。世情ますます混沌たる中、文久三年八月十八日の政変勃発。御所の警衛に出動した浪士組は、ついに「新撰組」の名を拝受した。土方の次なる一手、それは局長首座、芹沢鴨の抹殺であった…。

ツイートする