佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)

  • 2169人登録
  • 3.69評価
    • (319)
    • (290)
    • (604)
    • (40)
    • (7)
  • 472レビュー
著者 : 島田洋七
  • 徳間書店 (2004年1月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198920005

佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • お風呂でさくっと。すいすい読ませる文。
    毎章、最後にオチがあるのがさすが芸人さん。

    ちょっとお説教っぽいけど、佐賀の田舎の生活がいいなぁというかんじがする。
    最後の一行、ばあちゃんのセリフが好き。

    文庫版のばあちゃんの名言集みたいなのは、せっかく物語だったのになぁという気も。

  • 何度読んでも、じんとする。
    私の中でのベストな1冊。

  • 当時読みそびれ、最近次男が図書室から借りてきて貰い読み。
    うわぁ!話題になる本てのは、それだけのパワーを持っているんだねぇ。
    軽~く読めちゃう割に、深~い。
    最後、久々に号泣しました。
    子どもにとって、母であることって、それだけで凄い事なんだなって、改めて身の引き締まる思いでした。

  • とにかく愛を感じた。作者が言う通り、お金がないから幸せになれないってのは違うと思わせてくれる。

    おばあちゃんの優しさや友達、先生、近所の人…とにかくみんなの優しさが響いた。本当の優しは気がつかない。

    特に運動会で先生がお弁当をくれる話は感動した!

  • なんだか心底力が抜けちゃってたそんな時、カバンの中に友達が貸してくれたこの一冊を発見。



    元気でる。

    笑みがこぼれる。


    いいよ。これ。

  • タレント本に5つ星など悔しい気もしますが、素直に感動してしまいました。
    母と離れ、佐賀の祖母と極貧とも言える生活を続ける洋七少年。しかし、そこに暗さは無く、ただひたすらに前向きです。
    おばあさんのキャラクターが最高です。漫才でも聞いたことが有るのですが、本になると一層の迫力。「由緒正しい貧乏」「腹減った?気のせいや」「苦手な歴史の試験?"過去には、こだわりません"と書いておけ」。常に明るい発想に、いや、爆笑です。
    一方、そんな洋七少年を暖かく気遣う学校の先生達には涙が出てしまいます。
    もう一度「幸せとは何か」という事を素直に考えさせて呉れるとても良い本だと思います。

  • すみこさんと一緒に読んだな?。

  • I cried reading this book. It was easy reading but it had warm tails with grandson and grandma living together under one roof.

  • 「あんまり勉強ばっかりしてたら、癖になるよ!」

    なんて言葉、笑わずにいられるだろうか。ほかにも通知表が1,2を足せば5だ、とか。歴史できないのなら答案用紙に過去にはこだわりませんと書け、とか。それを疑いもせず実行する俺のすなおさがまたかわいい。明るい貧乏、いい人生、あっぱれ。

  • ずっと長いこと家にあって、バザーに出す前に読めてよかった。
    しくじり先生に島田洋七が出てたのを見て、あ、読まなきゃってようやく思えたからね。

    簡単に書いてあるけれど、すっごくポジティブで温かいおばあちゃんと土地の人たちに囲まれて育った人なんだなぁ。
    貧乏も底ぬけだけど、それでも生きていけるんだね。

    バザーに出す前に甥っ子に読んでもらいたいと思ったところがあって、渡してみようかな。

全472件中 1 - 10件を表示

島田洋七の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
綿矢 りさ
あさの あつこ
中野 独人
ほし よりこ
白石 昌則
有効な右矢印 無効な右矢印

佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)に関連する談話室の質問

佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)に関連するまとめ

佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)の作品紹介

昭和三十三年、広島から佐賀の田舎に預けられた八歳の昭広。そこでは厳しい戦後を七人の子供を抱えて生き抜いたがばい(すごい)祖母との貧乏生活が待っていた。しかし家にはいつも笑いが溢れ…。黒柳徹子、ビートたけしも感動した超話題作。

佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)のKindle版

佐賀のがばいばあちゃん (徳間文庫)の単行本

ツイートする