エール―愛を闘え、女と男 (徳間文庫)

  • 19人登録
  • 2.25評価
    • (0)
    • (1)
    • (0)
    • (2)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 鈴木光司
  • 徳間書店 (2004年9月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198921217

エール―愛を闘え、女と男 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • はっきり言って駄作中の駄作。あの『リング』という傑作を生み出した作家の作品とはとても思えない。信じられない。総合格闘技がテーマの一つということで期待したが、肝心の格闘シーンも迫力が無いし、背後のドラマも全く面白くない。

    一体、どういう事なんだヽ(´o`;

    久しぶりにこういうレベルの作品を読んだ。

  • ところどころ違和感があり、感情移入もあまりできなかった。ラストシーンは、「こうなりそうだけど、ならないでほしいな」と思ってた予想が当たってしまって、残念な気持ち。

全2件中 1 - 2件を表示

鈴木光司の作品

エール―愛を闘え、女と男 (徳間文庫)はこんな本です

ツイートする