凍て雲―うぽっぽ同心十手綴り (徳間文庫)

  • 35人登録
  • 3.50評価
    • (1)
    • (2)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 4レビュー
著者 : 坂岡真
  • 徳間書店 (2006年11月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (315ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198925116

凍て雲―うぽっぽ同心十手綴り (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ第4弾。

    三話目の「つわぶきの里」のラストがもう・・・泣いてまうやんか。

  • うぽっぽ同心十手綴り4巻、「笹りんどう」斬首に立ちあうこととなった勘兵衛は、医者の丹唇を読んでしまう。近在の者に慕われていたという医者が無実の罪で斬首される処刑に、まんじりともしない勘兵衛だった、奉行所与力と岡っ引きの企みを暴き残された家族を救う。表題作「凍て雲」松前藩十八万六千石に奉公する女中が、上役の嫉妬から毒を飲まされて監禁されているところをその弟共に救い出す過程が描かれる。「つわぶきの里」武士が島送りとなったあと、行方の判らない妻子との再会をつわぶきの黄色い花で見事に彩る。2014/6/27読了分。複雑な謎解きが優秀。

  • 第四弾
    短編四話、内容は多岐に渡る、加藤清正毒殺の噂の茶器とかでは松平不昧、火付け盗賊改めの悪者与力と対決したり、あり得ない活躍

  • うぽっぽシリーズ第4段
    情には篤いが悪には冷たい。
    粋に裁いて意地で斬る!

    安心して読めます

全4件中 1 - 4件を表示

坂岡真の作品

凍て雲―うぽっぽ同心十手綴り (徳間文庫)はこんな本です

凍て雲―うぽっぽ同心十手綴り (徳間文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

凍て雲―うぽっぽ同心十手綴り (徳間文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

凍て雲―うぽっぽ同心十手綴り (徳間文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする