黒を纏う紫 (徳間文庫)

  • 85人登録
  • 3.28評価
    • (3)
    • (5)
    • (23)
    • (0)
    • (1)
  • 8レビュー
著者 : 五條瑛
  • 徳間書店 (2007年4月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (541ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198925857

黒を纏う紫 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • よくも悪くも五條さんテイスト。
    悪い人間ほどかっこよく無敵に書かれてるw

  • やっぱりツボをついてくる五條さん。女は格好よく、かつ美しく、男は愚かでありつつ、真っ直ぐに、そして独特の色気。
    色々気になる点はありますが、スズとマキが気に入ったので、プラス☆半分くらい。

  • おー!この正月休みにようやくのヒット。

    自分の体への異常を感じつつも特殊物質を運ぶ運転手。
    恵まれた環境で育ちつつも自分の出生に疑問を感じる女性。
    天性の魅力で破壊と破滅に人を導く男。
    万華鏡のようにカラフルな登場人物が、ぱちんとはまるのはさすが。

    ただし、やや書き込み不足?とかえー、その偶然はどうなのー?
    とか突っ込むところはありありだった思うけれど、
    この正月に読んだいくつかの本が自分の中ではやや期待はずれだったので、
    いつも以上に満たされました。

    基本的には絶対基準をつけたいんだけど‥
    いつもの五條節からしたら★は4つだけど、正月祝いもかねて5つかな。

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    大量の移民に溢れかえる“夜の都”東京。巨大都市のエネルギーを支える“特殊物質”が危険なカルト教団に狙われた!特殊物質運搬者の鶴見に迫るテロリストたちの魔手。この街にすべてを奪われた男の運命を握るのは、ひとりの女―。

    (借)

  • 過去“移民”の男にすべてを奪われ、今は仕事とアナログな趣味に生きる鶴見。
    不仲な家族と距離を置き、問題児な友達と同居し気紛れに日々を過ごすマキ。
    偶然出会った2人はなんとなく、約束もないまま同じ店で会うようになり―何度か会ううち、鶴見が気に入っているプレイヤー・ドリーマーを見せる為に賭けビリヤードへ行く約束をし。
    しかし、出掛けたその会場で賭金を奪う一味と胴元“楽園上海”の争いに巻き込まれ…!
    そこで目にした襲撃者は、かつて鶴見の平穏を壊した元凶だった。

    夜の都・東京に“クウ”が戻り繰り広げられるのは…
    更なる繁栄を求める移民の王
    移民排斥を叫ぶ政治家
    世界を救おうと行動する狂信者集団
    各々の狙いが、鶴見達“運転手”の“荷”に迫り…!

    いやもう、複雑に登場人物が関係してるのがスゴイです!
    ストライプの疾走感が(や、ホントに爆走してるケド!)…最後まで巧くいく、かと思わせて発案者までそうなっちゃうの?!
    イブを囲ってたのが彼だったとは!まんまと騙されましたョ☆
    クウは…もう少しイタイ目にあっても良いと思う★
    あきらめてる、っぽい2人が(一応は)ハッピーエンドで良かった
    そしてドリーマーは底知れない人でした

    20070412

  • これはブラックすぎる。救いがありそうでなさそうな。

  • 2007/04/13

  • 主人公の影が薄い気がします。いっそのことクウが主人公でよかったかも…。

全8件中 1 - 8件を表示

黒を纏う紫 (徳間文庫)のその他の作品

黒を纏う紫 単行本 黒を纏う紫 五條瑛

五條瑛の作品

黒を纏う紫 (徳間文庫)はこんな本です

黒を纏う紫 (徳間文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

黒を纏う紫 (徳間文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

黒を纏う紫 (徳間文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする