かじけ鳥―うぽっぽ同心十手綴り (徳間文庫)

  • 27人登録
  • 3.50評価
    • (0)
    • (3)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 坂岡真
  • 徳間書店 (2007年11月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (318ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198926922

かじけ鳥―うぽっぽ同心十手綴り (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • シリーズ第7弾。

    娘の綾乃が鯉四郎のもとに嫁ぎ、一方勘兵衛はおふうに未練たらたらな割りに、迷子石に静の帰りを待つ旨を記すという・・こと女性に関しては女々しすぎる“うぽっぽの旦那”ですな。
    ラストは、ようやく“あの人”が戻ってきて、「十手綴り」シリーズは一旦完結します。

  • 第七弾
    長尾勘兵衛の愛娘綾乃と鯉四郎の祝言の日妻静の銀簪が届けられる。静が関係した人達の事件に纏わる話から、静の行方は?
    手掛かりは次々に無くなるが、最後には再会(あっけない)
    今後どうなるのか?で終了

  • うぽっぽシリーズ第7段

    途中飛ばしちゃった3冊を急いで読んでるところw

    愛娘の結婚
    そして20年前に疾走した妻の帰還・・

    いやーー、うぽっぽ、急展開だね!
    でも相変わらず安定した筆で読みやすい

全3件中 1 - 3件を表示

坂岡真の作品

かじけ鳥―うぽっぽ同心十手綴り (徳間文庫)はこんな本です

ツイートする