韓非子―中国の思想 (徳間文庫)

  • 57人登録
  • 3.68評価
    • (4)
    • (7)
    • (6)
    • (2)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 松枝茂夫
制作 : 竹内 好  西野 広祥  市川 宏 
  • 徳間書店 (2008年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (443ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198928346

韓非子―中国の思想 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • これまで、
    『老子』『孫子』『論語』『荘子』と読んできて、5冊目の中国思想本。


    ・法治国家と守らせる側のモラル

    前提として、この人は人間を、「利害で生きるもの」としている。
    つまり、
    利益があればそれをやるし、
    害があると思えばやらない、というのが人間だということ。

    だから、
    「いいことをした人にはご褒美をあげる」
    「悪いことをした人にはバツを与える」
    というきまりごと(法)をしっかり整備すれば国家は治まるとしている(法治国家)。

    それと同時に、守らせる側の責任を説いている。
    例えば、
    規定の手続きを踏まずにやってきた王子の馬車を通さなかった門番を王子が罰せよと父(王)に求めるが、王は罰するどころかその門番を褒めている。

    法で国家を治めていく以上、何人たりとも法にそむくことは許されないということだ。


    ・公の利害と個人的利害は相容れない。

    これに関係するエピソードがどれもなかなか面白い。
    1つエピソードを上げる。

    ある役人は、重要ポストへの人材登用について相談されて、自分のライバルの息子を挙げた。そして、別のポストについては、自分の息子を推挙した。

    全ては才能に応じ、仇敵だろうが避けず、身内だろうと遠慮はしない。私的な怨恨などは公のことにあたる場合には考えてはいけないということ。
    省みると、今の日本では私怨の下に人が積極的に集まる。それで損していることも多々あるだろう。自戒を込めて。


    ・アドバイスは難しい。

    営業にもかかわってくる話。
    相手が何を求めているのか。
    「これがほしい」と言っている相手に対しては該当するものを挙げればよろしいかもしれないが、それでもうまくいかない時もある。「何がほしいの?」と問うても明確な答えが得られない場合はなおさら。

    「これがほしい」という言葉を表のニーズとする。こういう相手には「これ」を挙げればいいのだが、必ずしも受け手にとってしっくりこない事態が出てくる。
    なぜだろう。

    (少し韓非子からは離れるが・・・)
    それは「"裏"ニーズ」に沿ってないから。
    相手が何か欲しがる以上、それには事情がある。それをさりげなく聞いていくことによって、「それを得て何がしたいのか」という情報を得られるこれが真のニーズ。裏ニーズだ。
    それさえ得られれば、規模・質ともに一番適したものを相手に与えることができる。

    話を戻すが、
    韓非子が言うには、アドバイスする時には、相手の表面的な要求だけでなくて、それに隠された相手の思い(裏ニーズ)を汲んでやれ、ということだそうだ。
    当時のことを考えると、相手が君主だろうから、変な詮索すると文字通り首が飛ぶことになりかねないが、今の世であればそこまでのことはない・・・だろうから、遠慮せず相手の本当の思いを聞いてみてもいいのかもしれない。
    とはいえ実際にやるのは簡単じゃない(相手の警戒心解かないと聞けないし)。裏ニーズを察することができる人って本当、営業マスターなのかも。


    他にも、人材登用の時の注意点、部下に対する評価の仕方、「亡国の49カ条」など、興味深いことがたくさん書かれている、面白い本だった。


    最後に、「亡国の49カ条」の中から3つ取り上げたい。FBにはもう書きましたが。この49カ条に書かれていることが起きたら、国が滅びる前兆なのだそう。

    ・部下の権威が上司よりも大きくなる
    ・リーダーが、独善的で協調性がなく、諫言されればむきになる。自信満々だが国のことなんか考えてない。
    ・リーダーが、臆病で信念が貫けない。

    この本が書かれてから約2300年。
    悪い意味で国の本質は変わってないのかもしれない。

  • 荀子の流れを汲み法術家
    今は、罪や罰の方が多くが語られるが行いには行いの報酬を与えるべきだと

    現代の法でおさめる法治国家の礎に日本にも影響を残しています
    古代中国思想に一番の影響を受けているのは日本だと思います

  • ・君主を説得する難しさは、相手の心を読み取った上で、こちらの意見をそれに適応させること、この1点につきるのである。

    ・昔の聖人である堯・舜・湯・武のとった方法を、現在の世の中でそのまま手本にするものが、新しい時代の新しい聖人に笑われることも、またたしかである。聖人とは昔にとらわれ一定不変の基準に固執する者ではない。聖人とは、現在を問題とし、その解決をはかる者をいうのである。

    ・「仁義」を行うものに名誉をあたえてはいけない。これに名誉を与えれば功績の妨げとなる。また、学問があるというだけで登用してはいけない。登用すれば方が乱れる。

    ・修正ができるように気を配って行えば、あまり失敗はしない。

    ・たびたび面接をしながら、しばらく登用しなければ奸臣たちはさっさと退散する。臣下に対しては、思わぬことを訪ねてみると、相手はごまかすことが出来なくなる。

全6件中 1 - 6件を表示

松枝茂夫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
デール カーネギ...
ヴィクトール・E...
有効な右矢印 無効な右矢印

韓非子―中国の思想 (徳間文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

韓非子―中国の思想 (徳間文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

韓非子―中国の思想 (徳間文庫)の作品紹介

すべての人民が従うべき、唯一絶対の基準であるのは「法」である。基準としての法が徹底すれば国という機構が完備される。君主はその機構の頂点にあって運営につとめるだけでいい。それさえ心得ていればどんな凡庸な君主でも立派に政治を行うことができる。その法の運営の仕方を韓非子は諄々と説く。現代サラリーマン社会にも応用できる論理。

韓非子―中国の思想 (徳間文庫)のKindle版

ツイートする