てのひら一文―寺子屋若草物語 (徳間文庫)

  • 21人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (6)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 築山桂
  • 徳間書店 (2008年8月1日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198928353

てのひら一文―寺子屋若草物語 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 親のいない三姉妹のお香、お涼、お美和が開いている寺子屋「三春屋」。昼の稽古だけでなく、夜も昼間仕事で忙しい大人や大人の手伝いで昼間来られない貧しい子供達のための夜学、一文稽古を開いている。舞台は大阪、商人の町ということで仕事に差しさわりのないようこうした仕組みがしばしばみられたとなっている。三姉妹はそれぞれの個性があって、タイトルの寺子屋若草物語がかぶる。(四人じゃないし、全く関係ないかもしれないけど)話としては先がみえたりもするが、三姉妹の行く末が気にかかるので、シリーズで読んでみるつもりだ。

  • 寺子屋を営む三姉妹の末っ子が主人公ということで、他の築山作品に比べて事件性は薄め。どちらかといえば恋愛や愛情といったことに比重が置かれています。だが、それが良い。

全2件中 1 - 2件を表示

築山桂の作品

てのひら一文―寺子屋若草物語 (徳間文庫)はこんな本です

てのひら一文―寺子屋若草物語 (徳間文庫)を本棚に登録しているひと

てのひら一文―寺子屋若草物語 (徳間文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

てのひら一文―寺子屋若草物語 (徳間文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

てのひら一文―寺子屋若草物語 (徳間文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする