濁流〈下〉―企業社会・悪の連鎖 (徳間文庫)

  • 28人登録
  • 3.20評価
    • (0)
    • (1)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 高杉良
  • 徳間書店 (2008年10月3日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (394ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198928674

濁流〈下〉―企業社会・悪の連鎖 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • メンターの方のお務めの会社がモデルとなった経済小説。「○○さんの会社ってどんな感じなんですか!?」と聞いたら、これを読むと面白いと言われて、しばらく積読状態だったのですが、読み始めたら一気に読了しちゃいました。

    バブル崩壊直前までの日本の経済界の動きをダイレクトに感じられますし、なるほどそういうビジネスモデルなのかという驚きが満載。
    一番端的なのが「多少飛ばしでも企業を叩く→全国紙と中刷りに広告を出す→飛ばしの見出しが全国にリーチする→叩かれた企業やってられない→雑誌に何かの形でお金を払う」という方式。

    こんなマフィアな方式を考えた人は本当にすごい。いや、真似は出来ないですけど。ある意味、最近のメディアは新聞もテレビも、礼参ステマが乱発されてるのでその逆な訳ですけどね。

    最後まで読んだら、続編があるとのことで、早速購入しました。ちょっと間を開けて、楽しく読みたいと思います。メンターの方には「○割ぐらいは本当」と聞いたのですが、○割かは伏せておきますw 本書を読んだ方で○割かを聞きたいご友人の皆さんは、口頭で質問くださいw(2012.05.22読了)

  • 湯河原などを舞台とした作品です。

全2件中 1 - 2件を表示

高杉良の作品

濁流〈下〉―企業社会・悪の連鎖 (徳間文庫)はこんな本です

濁流〈下〉―企業社会・悪の連鎖 (徳間文庫)の文庫

濁流〈下〉―企業社会・悪の連鎖 (徳間文庫)のKindle版

ツイートする