逸話で綴る三國志 (徳間文庫)

  • 22人登録
  • 3.38評価
    • (0)
    • (3)
    • (5)
    • (0)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 坂口和澄
  • 徳間書店 (2008年12月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (386ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198928964

逸話で綴る三國志 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 陳寿が三国志に書かなかったエピソードを史書より集め、人物ごとに逸話をまとめた本です。
    「正史 三国志/陳寿選 裴松之注」を読んだ人にはお馴染みのエピソードが多いですが、他の史書に伝が載っている人なども扱っています。
    その為、物足りなさは感じるかもしれませんが、「正史 三国志/陳寿選 裴松之注」を読んだ人も楽しめるかと思います。
    基本的には「三国志演義」等を読んだ人が、「登場人物の史書に残されている人となりを知りたい。」と思った時に適している本かもしれません。

  • 本書はその名の通り逸話で綴られた三国志である。
    それにしても、三族皆殺しが多い。権謀術数渦巻く動乱の時代とはいえ、けた外れに人が死ぬのには
    驚かされる。
    本書は三国志のブラックな面が多くいささかげんなりします。

全2件中 1 - 2件を表示

坂口和澄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

逸話で綴る三國志 (徳間文庫)はこんな本です

逸話で綴る三國志 (徳間文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

逸話で綴る三國志 (徳間文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

逸話で綴る三國志 (徳間文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする