市場原理主義が世界を滅ぼす!―“日本人”再生への提言 (徳間文庫)

  • 26人登録
  • 3.22評価
    • (0)
    • (4)
    • (4)
    • (0)
    • (1)
  • 2レビュー
著者 : 高杉良
  • 徳間書店 (2009年2月発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (295ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198929312

市場原理主義が世界を滅ぼす!―“日本人”再生への提言 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 2009年6月9日に読み終わった本
    http://hydrocul.seesaa.net/article/121427639.html

  • 「改革なくして成長なし」のスローガンのもと、デフレ不況下にアメリカ肝いりのグローバリズム化を推進、金融機関に厳格な資産査定と強引な不良債権処理を強いたあげく、株価の下落、中小企業の倒産、多数のリストラを引き起こし、日本の経済も人心もを荒廃させたとして、小泉純一郎・竹中平蔵の経済政策を、その初期の段階より徹底的に批判してきた著者の時評集。批判の矛先は、道徳心や志の低下した現代の企業経営者、改革路線の中身の検証を怠りただただその尻馬にのったマスコミにもおよぶ。小泉・竹中政策とは何だったのか?を今こそ振り返りたい人におすすめ。

全2件中 1 - 2件を表示

高杉良の作品

市場原理主義が世界を滅ぼす!―“日本人”再生への提言 (徳間文庫)はこんな本です

ツイートする