新参教師 (徳間文庫 く 20-1)

  • 43人登録
  • 2.69評価
    • (0)
    • (0)
    • (13)
    • (1)
    • (2)
  • 9レビュー
著者 : 熊谷達也
  • 徳間書店 (2009年10月2日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (310ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198930486

新参教師 (徳間文庫 く 20-1)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 生徒とのやりとりがメインのはずが、教員の職務のイロハと、教員間のみのミステリーだけで終わってしまったのがとても残念。私自身は、「そうだよな」と思わず頷きながら読んでしまう箇所も、きっと業界人ならではのこと。きっと、大多数の読者が、教師ものの物語に望むストーリーは、一つステージの違うものであるのではないか。とはいえ、教師ものの物語を書く際の、一つの大きな道しるべにはなった。

  • なかなか笑えて楽しく読めたけど、教師ものなのに生徒との関わりが全く描かれてなくて、作中で教えることの素晴らしさに気づいてるのになーと少し白けた。

  • 100209

  • これって作者誰?ホントに熊谷達也?という読後感だけが大きく残った。

  • 学校の先生って大変ね〜知ってたらもっと言う事きいたのに…まぁこんなマヌケな先生なら憎めないかも!

  • 教師モノ。といっても生徒との絡みほぼ無し。民間上がりの巨乳好きの下世話な新米教師奮闘記。ただし生徒の為ではなく自分の為の奮闘記である。

  • もう少し、教師という仕事のことを深くつっこんで描いて欲しかったかな。

  • つまらん

  • 熊谷達也と言うことで、もっと重厚な作品を期待していたのですが、そういう意味では見事に肩透かし。
    次から次に小事件が起こり、ちょっとミステリー仕上げです。そして、そのドタバタ振りがユーモア狙いなのでしょうが、今一効果が出ていないのが残念です。荻原浩さんあたりに書かせると、相当笑える物になるのでしょうが。
    そんな訳で、余り良い印象ではなかったのですが、解説を読むと熊谷さんは元中学教師だそうで、案外現在の教育環境はこんなものか(もちろんカリカチュアされてるのでしょうが)と思うと、ちょっと見直す気になりました。

全9件中 1 - 9件を表示

新参教師 (徳間文庫 く 20-1)のその他の作品

新参教師 単行本 新参教師 熊谷達也

熊谷達也の作品

新参教師 (徳間文庫 く 20-1)はこんな本です

新参教師 (徳間文庫 く 20-1)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

新参教師 (徳間文庫 く 20-1)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする