あしたも着物日和 (徳間文庫)

  • 42人登録
  • 3.55評価
    • (2)
    • (3)
    • (5)
    • (1)
    • (0)
  • 6レビュー
著者 : 近藤ようこ
  • 徳間書店 (2010年6月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (157ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198931681

あしたも着物日和 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 着物を着たくなるより作りたくなる本

  • ご自身のきもの道20年を漫画で振り返ったエッセイ。
    20年も!なのに、あくまでご自身を素人と位置付け、自由に楽しもうと提案してくれます。きものに関する知識系の本は多々あれど、失敗談交えての本はなかなかないのでは。
    私も熱が入りかけていただけに、戒めになりました。

  • 着物への道は遠いなあ。着物のことがちょっぴり身近に感じられるエッセイ•マンガ。

  • 気楽に着ている感じがするけど、ここまでくるのに二十年かかってるんだもんなあ。私も着物生活にあこがれるけど、洋服よりは単価高いだろうし手入れも面倒だし、サラリーマン辞めない限りは着物生活は無理だろうなあ。

  • 書店でふっと目に入ったので、ふらふらとレジへ持って行ってしまいました。着物にはずっと興味を持っているのですが、着物キャラでないのと、もともとの着道楽に拍車がかかってしまうので(笑)避けています。でも、知りたいことは多いわけで。

    漫画家・近藤ようこさんの着物エッセイマンガ。着物を着始めた頃の近藤さんの疑問が私と同じで、「みんな、そうなんだ!」と安心。あまりにも細かいドレスコードに気持ちが撃沈!なことや、着付けの補正具って本当に必要(暗殺防止用か?とか個人的には思うものもある)?と思ってしまったり…。そんなに深刻に考えないでもいいんですね。好きなら、着られるようになるんだ。こういう心配や面白さを、文章でなく、すっきりした絵で描いてくださり、楽しいです。

    確かに、いろんな素材・織地があって、染め替えも仕立て直しもきくし、フォルムも完結しているので、おしゃれ加減の演出では洋装よりもむしろ簡単だから、何枚かを長年楽しむという面では、洋装よりもアドバンテージがあるかも。うーん、でも、中古でもお手軽価格の新品でも、「ためしに1枚」って感じになりにくい…。汚しても洗濯機でガーッと洗えないとか、収納場所とか、なかなか踏み切れない問題も多いなぁと思います…って、私はやっぱり、いろいろ着物向きじゃないんだ〜。でも、自分の知らない柄や織地のものがあれば、触ってみたいし、着てみたいし、持っていたいし、節約のためなら縫っちゃうよ!という勢いで、着道楽地獄へノンストップなのは、洋装派も和装派も同じだ(笑)。

    この本を読みながら、幸田露伴・文・青木玉の親子3代と着物のつきあいを思い出したりして、ご近所の呉服屋さんがやってらっしゃる間に、1枚お願いしてみようか…とよろめいてしまいました(笑)。

  • 結婚時に親が持たせてくれた箪笥の肥やしとなっている着物。気になりつつも着方も分からない。
    そんな着物への敷居を下げてくれるかなと期待して読んだのですが…。
    敷居の高さは変わりませんでした。
    若い人は失敗してもほほえましいとあるけれど、若くない人は?
    日本人でありながら、私には秘密の扉の向こうにあるような着物の世界であります。
    知らないからこそ興味深く読めるんだけど。

全6件中 1 - 6件を表示

あしたも着物日和 (徳間文庫)のその他の作品

あしたも着物日和 単行本 あしたも着物日和 近藤ようこ

近藤ようこの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
近藤ようこ
冲方 丁
久住 昌之
清野 恵里子
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

あしたも着物日和 (徳間文庫)はこんな本です

あしたも着物日和 (徳間文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

あしたも着物日和 (徳間文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

あしたも着物日和 (徳間文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

あしたも着物日和 (徳間文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする