うぽっぽ同心十手裁き 狩り蜂 (徳間文庫)

  • 29人登録
  • 3.40評価
    • (0)
    • (2)
    • (3)
    • (0)
    • (0)
  • 3レビュー
著者 : 坂岡真
  • 徳間書店 (2010年11月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198932558

うぽっぽ同心十手裁き 狩り蜂 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • L うぽっぽ同心十手裁き3

    狩り蜂…引き込み役として武家に嫁いだ不幸な女の話。
    あやかり神…初っ端から残忍刺激シーン。盗人家族の成れの果て。
    弓箭筋の侍…うぽっぽが出会った寡で7人の子を持つ浪人牛島の話。

    うーん。ちょっと待て!と思いたいくらいに全ての話に悪役人登場。どいつもこいつもうぽっぽに成敗されるもあまりの腐れ具合に読む気も失せつつ。奉行の根岸肥前守と銀次、綾乃を始めうぽっぽの周りの善人がいなけりゃ後味が悪くなるような始末。次に期待。

  • 第十弾
    登場人物の名前は変わるが、どうもこれまでと同じような内容か?
    とは言っても、このパターンは読みやすく、やはりこの調子でいいのだろう。
    妻、静の変化は見られないし、影も薄い

  • 11/9-11/10
    いささかジンときた、、、。

全3件中 1 - 3件を表示

坂岡真の作品

うぽっぽ同心十手裁き 狩り蜂 (徳間文庫)はこんな本です

ツイートする