新・日本朝鮮戦争 第二部 電子防衛網崩壊 (徳間文庫)

  • 17人登録
  • 3.25評価
    • (0)
    • (2)
    • (1)
    • (1)
    • (0)
  • 2レビュー
著者 : 森詠
  • 徳間書店 (2011年3月4日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (279ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198933333

新・日本朝鮮戦争 第二部 電子防衛網崩壊 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 何かと、憲法9条の交戦権を有しているからだと言うが、日米安保が前提なんだと気づく一冊。

  • 北朝鮮から日本へ直接の武力行使は、想定は難しい。大韓民国という朝鮮統一への最大の政治と軍事の目標があり、日本と韓国を直接の係争国とした戦略は、北朝鮮の体力からみると困難と思えるからである。一方、テロやミサイルと言う少数のリソースで実行可能な戦いであれば、具現化する可能性は充分にがあるが、単発的なものになるのではないだろうか。本書では、北朝鮮の権力抗争の最中、突出した青年将校が仕組んだ日本海沿岸に位置する原子力発電所に対する密航船に仕組んだ核攻撃が日本側の事前察知により、ターゲット手前の舞鶴湾沖で爆発。その後、正恩を頂く、軍部の突出もあり、韓国への全面戦争に発展し、激しいスカッドミサイルの攻撃へ発展する。この際ノドンにより、通常弾頭に加え、BC弾頭が日本を襲う。韓国と日本に対して火蓋を切り、全面的な戦争に突入した北朝鮮では、跡目争いという内部抗争が対外的な侵略と同時に激しさを増し、混乱の極みに突入し、堅固だった指導体制が崩壊していく。やや、破れかぶれのストーリーであることは否めないが、彼の国に西側の常識を当てはめてみてもしょうがない。最悪、ここまで起こるかもしれない可能性として読むといいかも。

全2件中 1 - 2件を表示

森詠の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

新・日本朝鮮戦争 第二部 電子防衛網崩壊 (徳間文庫)はこんな本です

新・日本朝鮮戦争 第二部 電子防衛網崩壊 (徳間文庫)を本棚に登録しているひと

新・日本朝鮮戦争 第二部 電子防衛網崩壊 (徳間文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

新・日本朝鮮戦争 第二部 電子防衛網崩壊 (徳間文庫)を本棚に「積読」で登録しているひと

ツイートする