ヤングガン・カルナバル4 天国で迷子 (徳間文庫)

  • 48人登録
  • 3.43評価
    • (0)
    • (3)
    • (4)
    • (0)
    • (0)
  • 1レビュー
著者 : 深見真
制作 : 蕗野冬 
  • 徳間書店 (2011年8月5日発売)
  • Amazon.co.jp ・本 (316ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784198934002

ヤングガン・カルナバル4 天国で迷子 (徳間文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 見つけて読み返し。
    これを読むと自分の危機感に関して、考えさせられるなー、と。
    彼がツボだったので、泣いて本屋に走ったものでした。

全1件中 1 - 1件を表示

深見真の作品

ヤングガン・カルナバル4 天国で迷子 (徳間文庫)はこんな本です

ヤングガン・カルナバル4 天国で迷子 (徳間文庫)を本棚に「読みたい」で登録しているひと

ヤングガン・カルナバル4 天国で迷子 (徳間文庫)を本棚に「いま読んでる」で登録しているひと

ヤングガン・カルナバル4 天国で迷子 (徳間文庫)を本棚に「読み終わった」で登録しているひと

ヤングガン・カルナバル4 天国で迷子 (徳間文庫)の作品紹介

平等院組組長の将一は悩んでいた。ハイブリッドと手を組んで鳳凰連合と戦うつもりだったのに、父と姉が人質になってしまった。渋々部下にハイブリッドをハメる計画を立てるよう指示を出す。その間に漫研の合宿に参加してくると言う。「これからロクでもないことで手を汚すんだ。その前に少しくらい綺麗な思い出を作ってもいいだろ?」お互いの正体を知らない漫研の仲間・将一と塵八は-。

ヤングガン・カルナバル4 天国で迷子 (徳間文庫)のKindle版

ツイートする